2017年8月18日金曜日

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』感想&考察:一般向け?実は斬新で深く考えさせられる作品だった!

 いやはや、さすがシャフトというか、さすが新房さんと言うべきか・・・びっくりしちゃいましたよ。『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』初日に映画館で見てきました。

シャフトらしさを残しながらも新たな魅力のキャラデザが印象的だった。
『DAOKO × 米津玄師『打上花火』MUSIC VIDEO』より画像引用
当ブログの画像引用について
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

 先日の記事では予告編を大絶賛しましたが、今作はシャフト・新房さんの製作とはいえ『一般ウケ』を狙ってきてるんだろうなぁ・・・と思ってたんですよね。なにしろあの『君の名は。』の川村元気プロデューサーが参加しているわけで。

 それが蓋を開けてみれば斬新で難解な演出!挑戦的すぎるよ・・・いいのか・・・これで・・・大丈夫か?と心配になりましたが、でもね、たしかに難解なところもあったけど、すごく良いシーンがあって、ストーリーも考察したくなる深さがあり、『もう一度見たいな・・・』と思った作品でした。

※次項からネタバレありのレビュー&考察になりますのでご注意ください。

※ところで自分はオリジナルのTVドラマ版もリアルタイムで見た世代です。あれはすごかったですね・・・『とんでもないものを見た!』って衝撃を受けた思い出があります。
 目一杯背伸びした13歳の奥菜恵と山崎裕太の演技が素晴らしかったんですよね。自分の運命をどうにもできない子供時代の恋の切なさがすごく表現された短編でした。

一番好きなシーンは『あの』シーン!


 いきなりですが・・・初見で一番好きだったシーンといえば、それは『なずなが歌うシーン』でしたね。突然「瑠璃色の地球」を歌ってアイドルの姿になるなんて。あのシーンは『まさか!』でしたね。

予告では無かった想像のシーンがすごく印象的
この辺から夢と現実とifの世界が曖昧になってくる。
アニメに慣れていない人は付いて来れただろうか。
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

 劇場版ラブライブ!』を絶賛した自分としては突然のミュージカル演出は初めてではありませんが、それにしてもこの作品の、あのタイミングで始まるとは思わないじゃないですか!

 正直言って一般の人は付いて来れたんでしょうか・・・大変心配なのですが(笑)自分としては『スッゲー!』でしたね。この歌声がまた良いんですよね。広瀬すずさんは本作全部ですごく良い演技なんだけど、特にこの歌声は良かった

 この斬新な演出で『さぁ、ここからちょっと難解になるよ、ついてきてね!』って言われたような気がします。そういえば曲名から、なずなのお母さんが松田聖子世代とわかって『あれ、時代設定・・・もしかしてTV版の公開当時(93年)かな?』って思ったのですがどうなんでしょう。


ラストシーン、典道のいない教室の疑問


 難解といえば、初見ではちょっと理解が難しかったシーンはいくつもあります。(そもそも理解する必要があるのかって問題かもですが)

 一番最初に疑問に思うのは『ラストシーン』ですよね。夏休み明け(ですよね?)どうして典道は出席していないのか・・・?

このカケラを掴んだ事で一体何が起きたのか
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

 オリジナルのドラマ版だとたしか結末は違いましたよね?切ない終わり方だったけど疑問とかは無かった気がする。アニメ版の『典道がいない』という事実は終盤の一連の流れと密接につながっている気がしますね。

 『なずな』は元々転校予定なんだから、そもそも名前を呼ばれないのはわかる。でも典道はいるはずなのにいない・・・初見なのでまだ理解できてないですが、勝手に想像するに次のような説が考えられますね。

  1. 2人は『典道の作った世界』に行ってしまった 説
  2. 典道がなずなを追って引っ越し先に行った 
  3. 実は2人とも海で死んで行方不明 
  4. などなど・・・(まだ他の人の考察読んでないので)

 個人的には1かなぁ・・・あの電車が分岐して海に行った時『時間をやり直している』んじゃなくて『もうひとつの世界を作っている』と感じたんですよね。なずなの言っている『これは、典道くんが作った世界なんだね』って言葉ですよね。

分岐した線路には現実ばなれした標識。
最初はこれは夢の中の話なのかと思っていた。
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

パラレルワールドは『なずなの実父』の願いかも


 これをパラレルワールドと言って良いのかわかりませんが、やり直したかった世界を具現化する原因、あの海で拾った『謎の球体』の正体はなんでしょう?

 そこを説明するのは野暮かもしれませんが、自分が思うに、亡くなった『なずなのお父さん』の願いが作り出したものだと思うんですよね。詳細ははっきりしないけど、海で亡くなった『実のお父さん』。

この球体はお父さんの願いの結晶なのか・・・
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

 きっと彼も『やり直したい』という強い願いを持って亡くなったんじゃないかな・・・彼の魂がなずなを海に呼び寄せてあの球体を拾わせた。ここまでくるとSFじゃなくてファンタジーだけどね。

 お父さんの想いが、なずなと典道を『もうひとつの世界』に連れて行ったのかもしれない。最後に花火師が打ち上げて粉々になった球体のカケラ。『願いが映ったカケラ』を握りしめて・・・あ、ここまで全部『想像』ですけどね(笑)間違ってたらゴメンなさい。

それでもまだ残る疑問


 でも考えてみれば『典道の作った世界に行く』って、元の世界にとっては『2人が海で行方不明』とあまり変わらないね。ただ一つ謎なのは、担任の先生が典道の出欠を普通に取っていた事なんですよね・・・。

 もし亡くなったり行方不明なら騒ぎになったりしないだろうか?存在自体が消えたならともかく・・・そう考えると普通に『引っ越し先に行った 説』もありかなぁと。みなさんはどう思われますかね?

 でも、いろんな想像を掻き立てられる作品ですよね。疑問が残るからダメという意味じゃやなくて、いい意味で深い作品だと思います。

広瀬すずの演技は最高!だったけど・・・典道の声は


 予告の時から言ってましたが、広瀬すずさんの演技は本当に良かった!オリジナル版の奥菜恵(当時13歳)の演技(というか存在感)ってのは本当にすごかったので、あれをどう再現するのか?って課題は見事にクリアされていたと思います。

 アニメと実写なのでもちろん『再現』というのは不可能なんですけどね。アニメとして再解釈することに成功したって感じですかね。そこに広瀬すずさんの声と演技は欠かせない。微妙に声優さんっぽくない感じがアタリになった気がします。

映像で見ると二人とも子供と大人の両面を持つ感じがすごくよく表現されていた。
ただ、典道役の声はすこし大人っぽすぎて違和感が最後まで残った。
(C)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

 逆に残念だったのは・・・典道役の菅田将暉さんの声かなぁ。予告編の時からちょっと気になってはいたけどね。やっぱり馴染めなかったなぁ。直前に劇場版『火花』の予告編に主人公で出てたせいもあるんだけどね。顔が浮かんじゃうんですよね。あれよくないよね(笑)

 オリジナル版の良さだった子供が目一杯背伸びした感じの危うさみたいなのがね。ちょっと無かったというか。なずなに比べて男子の典道は少し幼いんだよね。オリジナルでは小学6年設定だった気がするけどアニメでは中学生設定なんですよね。その辺はある程度考えなきゃいけないんだけど。

 とはいえ、ちょっと大人っぽすぎる声だったのが馴染めない原因かな。大人が演技してる感じがしちゃってね。もう少しナチュラルに不安定な感じがあればなぁ・・・でもまあ難しいですよね。高い評価なさっている方もいますからね、個人的な好みかもしれませんが。

評価は分かれそう・・・でももう一度見にくつもり。


 やっぱり『君の名は。』みたいに感動しよう!と期待した人は、ちょっと拍子抜けしちゃうんじゃないかなぁ・・・って心配はするんですよね。実際はどうなんだろう。結構、評価分かれそうですよね。

 たしかに今の流れなら、一般受けするような『感動的でわかりやすい作品』を求めれられるんでしょうけどね。でもこの作品は『傑作である実写ドラマ』のアニメ版。『単なる再現』では超えられないと思うんですよね。それならシャフトや新房さんを使う意味ないわけで・・・・。

 だから簡単に評価を下すのはちょっと違うんじゃないかなぁと思います。斬新で難解な演出だからわかりにくいけど見ごたえのある作品だと思います。でも・・・やっぱり一般受けは難しいかなぁ(笑)

 初見だといろいろ衝撃的で受け止めきれていないので、もう一度見に行くつもりです。その時はまた追記すると思います。

 でもこれだけは最後に一言。『予告3&MV』は本当に最高だったのでEDはもうちょっと手を入れて欲しかったゾ!(笑)

『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』公式サイト

スポンサーリンク