2018年5月29日火曜日

『機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI 6誕生 赤い彗星』感想:このまま1stを描いて欲しい渾身の完結編!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN VI誕生 赤い彗星』を映画館で鑑賞しました。前半の会戦シーンは本当に凄かったですね。これをスクリーンで見られただけで満足なレベル。

 見る前は一律1,800円は高いなぁと思ったけど・・・あのシーンを見せられたら納得するしかないです(笑)いい体験ができました。思わず2回見に行ってしまいましたね。
機動戦士ガンダムTHE ORIGIN
予告・冒頭15分映像より画像引用
当ブログの画像引用について
(C)SOTSU・SUNRISE

 後半はやや地味な構成とは言え、ファーストガンダムの『文字通りの前日譚』として気持ちの良い締めくくり。

 唯一残念なのは、続編の発表がなかったことかな・・・・サブライズあるかな?って期待してたんだけどなぁ。ランバラルがオリジン版で活躍するシーンを見たかった!

ネタバレのあるレビューですのでご注意ください。

溜めに溜めた、迫力の奇襲!


 それにしてもドズル艦隊 決死の転回からの奇襲。あれはすごい迫力でしたね。でも、あまりに近すぎる接敵にビックリ。あそこまで近づけるものかな?って思ってしまった。
ちょっと戯画的に描かれるドズルだが
大スクリーンでの迫力は素晴らしい
(C)SOTSU・SUNRISE

 『連邦も撃てよ!』と思ったけど、艦速を考えると交錯する時間はほんの一瞬ですよね。(映画ではゆっくりに見えるけど)さすがに連邦も即応は無理だったのかな。
不運も重なり一方的な攻撃を受ける連邦。
ティアンム艦隊への雪辱をレビル艦隊にぶつける開放感!
(C)SOTSU・SUNRISE

 不明艦発見から対応まで運悪く時間が空いてしまって・・・レビル将軍もさ、もう少し早くブリッジに来てくれればね(笑)ミノフスキー粒子を使った作戦に慣れていないってことなんでしょうが。

大スクリーンで見ごたえのある構図


 シャアの攻撃タイミングも絶妙でしたね。シャアの攻撃がドズル艦隊への対応を遅らせることになるとは。まあそこまで読んでいたわけじゃなさそうですが、運も持ってますよね。
5話ラストと時間軸が噛み合うシャアの登場シーン。
その意味合いが理解できるうまい構成でした。
(C)SOTSU・SUNRISE

 そしてザクII達の一方的で無慈悲な攻撃の連続。このシーンは艦艇もモビルスーツも広角的な構図が映画館のスクリーンに映えました。

 アップシーンは威圧感があるし、引きのシーンは空間を感じます。できるだけデカイ画面で見たいシーンですね。
ムサイの巨体が動く迫力は大スクリーンならではの体験
(C)SOTSU・SUNRISE

 会戦シーンはジェットコースターにでも乗っているような迫力で、文字通り『手に汗握る』感覚になるほどでした。これは素晴らしかったです。

屈辱的な和平なら戦争継続か・・・


  後半は一転、政治的な展開。ここは安彦総監督の思いが込められている気がしましたね。人々の思惑が複雑に絡み合って和平の芽が摘まれていく感じ。

 人類はまだ十分に破局を経験していないというヤシマ氏の言葉が重いですね。一度始まった戦争をやめるのがどんなに困難なことか。人は合理性だけで決断できるわけじゃないですね。
意外とミライさんのシーンも多くてうれしい。
物語の起点、サイド7へ引き寄せられる登場人物たち。
(C)SOTSU・SUNRISE

 和平っていうのはあくまで受け入れ可能な条件であって、屈辱的な和平なら戦争継続を選びたい。継続の選択肢がある限りは・・・って悲しいかな、サンクコストに囚われがちな人間の本能ですかね。

レビル脱出の指示したのは誰か?


 でも1作目で死んだ次男のサスロ・ザビが存命だったらどうなってたでしょうね。優秀で人望の厚いサスロならギレンの横暴にストップをかけられただろうか・・・まあ結局いつか暗殺されちゃいそうですが。

 それにしてもキリシアはすごいよね。デギンを尊重するフリをしつつ混乱を広げる感じ。本心がイマイチ読めないけど、やっぱり主導権を握るために敢えて戦争を求めたってことかな?
デギンの信頼を得るキリシア
逆襲のシャアのイメージのせいか真の黒幕という印象
(C)SOTSU・SUNRISE

 ちなみにレビル将軍を解放させたのはキリシアだとして、デギンは知っていたのだろうか?そこがちょっと疑問でしたね。

 デギンの怒りって『解放してやったのに戦争継続を訴えやがって!』って怒りとも取れるし『捕虜として休戦交渉に利用しようと思ってたのに逃げやがって!』とも取れるし。どうなんでしょうね?

『ジオンに兵なし』は最高のアジテーション


 オリジンにおけるレビル将軍って最強のアジテーター(扇動者)ってイメージでした。ナチスとの講和に反対したイギリスのチャーチル首相を強く連想しますね。

 ただ、レビル将軍も善人というより『負けたくない』という気持ちが『ジオンに兵なし』を叫ばせた気がするんですよね。あそこで和平になったらレビル将軍の名誉は挽回の余地がないですもんね。
『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』
の上映と重なったのは面白い偶然。(見てないけど)
(C)SOTSU・SUNRISE

 ファーストでは『実際にジオンを見た事実なのかな?』という印象でしたが、今は和平論を封じるためのアジテーションだよなぁと感じました。

 将軍まで上り詰めるだけあって老獪な政治家ですよね。でもこれも『人間の性(サガ)』を描いている気がするんですよね。

 デギンが演説を見て単純に激昂するのも、デギンの人間性を美化しすぎない感じでいいな。安彦総監督の意向かはわからないけど、この辺の描きかたはすごく好きですね。

演説をエンディング曲のように使うカッコよさ!


 それにしても『ジオンに兵なし』の演説で終わるラスト!カッコよかったですね。(思いっきり扇動されてますが(笑))

 前半にクライマックスを持ってきた関係で、後半はどうしても地味な展開になりましたが、この構成でスカッとした締めになりました。
実際のエンディング曲は山崎まさよしが歌う『破線の涙』
機動戦士ガンダム THE ORIGIN 予告3

 演説がある意味でエンディング曲になってましたね(笑)演説をバックに登場人物が紹介される演出。あれはなかなか味わいありました。

 そして最後に『ジオンに兵なし』と戦争継続を呼びかけるシーンでスパッとエンディングロールへ完結でありスタートとなる、この作品らしい気持ちの良い終わりかただったと思います。

キャラクターデザインは良かった


 ファーストと違って、今風なキャラのアレンジは賛否両論ですかね?自分も最初は違和感ありましたが今は肯定的ですね。ファーストのイメージを崩さない範囲でうまく現代化しているなぁと感じました。
一番デフォルメされたのがガルマかな?
でもこのガルマで続きをを見てみたい・・・。
(C)SOTSU・SUNRISE

 キャラなんかは、やっぱりファーストのままというわけにもいかないでしょ・・・と思うんですよね。

 デザインだけじゃなくてキャラの性格付けもちょっとオーバーな感じになっていますが、方向性としてズレていないので違和感なかったのかな。強調してるって感じで。

THE ORIGIN の明るさは『戦前』の明るさか


 地味だったファーストに比べて、明るさや能天気さが強調される感じがしますが、それって『戦前』のイメージとしてありかなと思います。やっぱり戦争前のエピソードだから平和の空気を感じるんですよね。
緒戦の頃は連邦もエリート揃いの落ち着いた雰囲気。
ファースト時代とは違いを感じる。
(C)SOTSU・SUNRISE

 戦前といえば、連邦の職業軍人の姿も印象的でしたね。ファーストの疲弊して混乱した姿とは違う、落ち着いて余裕のある指揮。官僚的な面はあるとは言え、頼りになる感じでした。 

『君は生き延びることができるか』の意味


 エンディング後のエピローグ。新品のホワイトベースとまだ元気なパオロ艦長が新鮮ですね(笑)(エンディング中に帰ってしまった人が何人かいた・・・)
結局ガンダムって何だかわからないアムロ・・・
無力な一少年である彼が開花する直前までを描く。
(C)SOTSU・SUNRISE

 ラストナレーションの『君は生き延びることができるか』ってファーストの予告編で使われた常套句だそうですね。まったく覚えてなかったよ。

 覚えてたら感慨深かったろうなぁ。まさに壮大な予告編というか・・・オリジンで聞くとさらに深みの増すセリフですよね。

大河に注ぐ源流の物語


 THE ORIGIN への批判として、世界観が矮小化しているという意見をみたのですが、自分は矮小というより源流を描いたという気がするんですよね。

 1年戦争で始まるガンダムを大河に例えるなら、その源流である幾筋もの小川が合流していく物語。それがTHE ORIGINかなって。
小川で遊ぶフラウ・ボゥ
彼女はなぜか1stより大人びて見えた。
サイド7の残りわずかな平和を象徴するシーン。
(C)SOTSU・SUNRISE

 シャア、セイラ、ラル、ガルマ、キリシア、アムロ、カイ・・・それぞれの人生に焦点を当てたエピソードがファーストガンダムの時間軸で交錯し飲み込まれていく

 確かに矮小なエピソードなんだけど大きな歴史の細部を見るような、ガンダムシリーズの総仕上げとして見るからこその味わいを感じました。


最後に・・・シャアとランバラル。


 足掛け4年・・・途中は映画館じゃなくてもよかったかな?と思いつつも(笑)最後まで楽しめる作品でした。

 今までは1作目が一番好きでしたが、6作目が抜いた感じですかね。単独作品としては1ですが、まあルウム編5・6はまとめて1作という感じですかね。

 でもシャアのキザっぷりがすごかったですね(笑)ファルメルの部下たちも引いていたような。若さゆえの・・・がシャアの名台詞ですが、ある意味中二病っぽいかも。声優の池田秀一さんの重厚な声を楽しめて良かったです。

 それにしても最後にランバ・ラルの出演がなかったのは残念!(ラストに一瞬でた?)さすがにファーストを焼き直すのは色々問題はあるんでしょうが・・・劇場版の『新3部作』としてファーストガンダムを現代に再現して欲しかったなぁ!

 安彦総監督はじめスタッフの皆さんお疲れ様でした。ありがとう。そしていつか続編も期待しています!

機動戦士ガンダム THE ORIGIN 公式サイト
関連記事 機動戦士 ガンダム THE ORIGIN I アニメ版 映画 感想:涙を抑える事ができない傑作
関連記事 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II アニメ版 2 映画の感想:ちょっと地味だけど見逃せないお祭り
関連記事 機動戦士ガンダム THE ORIGIN III 暁の蜂起 映画 感想 :3作目の『ガンダムらしさ』とは何か?
関連記事 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN V 激突 ルウム会戦』 感想:渋い演出と迫力の艦隊戦!ガンダムらしいクライマックス

スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメントどうぞ!長文も一言でもOK。古い記事でも頂けると嬉しいです。