2018年1月7日日曜日

映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me- 感想:幸せと悲しさと・・・ファン必見の劇場版!

 待ちに待った『中二病』の新作劇場版。『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』を見てきました!

 完全に中二病・京アニファン向けって割り切ってましたね。一見さんお断り』って感じだけど(笑)逆にファンとしては最高に楽しかったですね(※)

 笑い所が満載だけどファン以外の人には全くわからないかも。でもその割り切りが素晴らしい!素直な気持ちで楽しみたいファンムービーでした。

追記:コメントやTwitterでTV版未見でも内容把握できて感動した!とのご意見をたくさんいただきました!劇場版を楽しんで後からTV版みても全然大丈夫です!
映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-
本予告より画像引用
当ブログの画像引用について
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 そしてラストは幸せ感いっぱい!・・・でもね、ああ・・・これって、もしかして。やっぱり・・・『完結編なのかなぁ』って思ったら、幸せと寂しさのないまぜになった気持ちでエンディングは涙が止まりませんでした。

 TV1期から見ているファンとしては本当にキレイに着地してくれた作品でした。前作の劇場版総集編は正直ちょっと微妙でしたからね。オリジナル劇場版の制作が発表された時の喜び!お祭り気分で公開日を待っていました。

 喜びと楽しさと幸せをくれて、そして最後は・・・完結してしまった寂しさを感じた涙だったような気がします。何年も見てきた作品の最終回を見た感覚ですね。

 『境界の彼方』でも感じたけど、こういうやり方って作品とファンと大事にしてくれてる気がして本当に嬉しいです。

※次章よりネタバレありのレビューとなります。
 未見の方はご注意ください(最終章へジャンプ
 初見の感想なので間違ってたらゴメンなさい!


中二病らしい展開だけど意外にも・・・


 ストーリーは花田脚本らしい展開でしたね。とはいえ、さらに深めの『シリアス展開』くるかなぁ?って期待するところもあったんですが(笑)まあ、このくらいの方がいいですかね。あまり奇をてらわない感じで。
本作一番の名言『行きたいな、かけおち』
劇場で見ても最高だった(笑)
前半は徹底的なコメディーファンムービー
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 コメディー要素をたっぷり散りばめながらも、しっかり六花の葛藤が表現されていて良かったです。個人的にはもっときつくてもOKなんですけどね。でも1期のシリアス展開ではかなり拒絶反応もありましたからね。ちょうど良い塩梅かな?

 逆に意外だったのはお色気シーン的なところかな。TV版では意外とそういうのなかった気がするんですよね。1期の名シーン『勇太の匂いがする・・・』はインパクトあったけど間接的な表現でしたね。

 今回はわりと直接的な表現が多くて、コメディー絡めているとはいえちょっとびっくりしました。

 ラブホのシーンなんかかなり笑いましたが。東京のホテルの着替えのシーンとかも唐突で・・・結構すごかったですよね。良かったけど(笑)

すごく良かったWエンディング


 今回、特に好きだったのはエンディング!あれは『Wエンディング』っていう感じですかね?『動と静』という感じでグッと盛り上げてからの静かな終わり方・・・最高でした!

 ラストに1期OP挿入はまったく想定外で感動しました。しかも個人的に大好物な『楽曲に芝居を重ねてくる構成』!

 楽曲まるまる使った長時間エピローグ。本当に良かったです!

 十花さんのあの展開は想像してませんでしたが(笑)オールスター勢揃いって感じで本当に大団円でしたね。そこからの静かなエンディング曲がすごく感動的でした。
予告編での楽曲の使い方はすごく良かったので
OPでいきなり使われた時は総集編の悪夢がよぎった(笑)
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 OPもキレイで良かったのですがZAQさんの『JOURNEY』が流れたので、『あれ?EDはどうなるのかな・・・』と正直不安だったんですが(笑)これなら納得です。

Take On Meの意味


 ラストシーンで六花がブーケを受け取ろうと飛び出すシーン。てっきり勇太も助けに飛び出すかと思ったんですけどね。TVシリーズだと仲間と一緒とか一人じゃないラストだったじゃないですか。

 ラストが六花一人になっているのは、やっぱり彼女が自分のアイデンティティをしっかり掴んだってことなのかな。自分で幸せを掴みに行けるって象徴のように感じてしまいました
勇太に助けられながらも
六花が自分で選び掴み取る物語
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 『Take On Me』の意味って調べたら『私を受け入れて』って意味らしいですね。直接的には『勇太に受け入れてもらう』ってことなんだろうけど、同時に『受け入れてもらう自分とはなにか?』を見つける旅だったのかな。

 邪王真眼を失ったとして『残った自分』に何があるのか。あの『指輪が力を吸い取っていく』という表現はすごくいいですよね。

 恋によって変わってしまう自分に怯える六花の気持ち。それを予感して六花は勇太に指輪をつけてもらうのを拒否したのだろうか。

七宮には幸せになってもらいたいな


 中二病を失う事を恐れる六花。彼女が中二病を勇太との絆だと思っているのがすごく良いんだけど、逆に言うと七宮って『勇太との絆』を大事にするあまり過去に生きてるって事にならないのかな。
いつも明るく協力的な七宮
でも彼女の心の屈折を考えるとつらい
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 七宮が自分の足の指をさすりながら話すシーンがあったけど、あの時の七宮がなんだかすごく印象深いんですよね

 本人は割り切って納得しているようだけど、なんだか大人ぶってるだけのような気もするね。まどマギのさやかちゃんとか、ユーフォのあすか先輩と重なってしまう。この作品で一番複雑なキャラクターは七宮じゃないかな。

 それにしても今回も七宮はちょっと悲しい役回り。くみん先輩は七宮を否定したわけじゃないけどさ・・・やっぱりね。

 中二病でも恋ができるなら・・・・諦めた七宮の立場は?って考えるとつらいですね。個人的に七宮はとても好きなので・・・闇堕ちせずに幸せになってもらいたいですね。(あ〜2期ちょっと見直したくなってきた)

 それにしてもくみん先輩、要所でしっかり活躍してくれますね。さすがだ。あと一色君の登場シーンは本当に笑いました。

ちらっと見えた将来の姿


 そういえば微妙にキャラデザイン変わってましたかね?

 六花が少しだけ大人っぽく描かれていたように感じました。気のせいかな?デコちゃんはもちろんですが他のキャラもちょっとだけ変わってたのような気がします。

 それにしても勇太の妄想で見えた将来の姿、良かったなぁ。デコちゃんが美人で笑っちゃったけど。パンフ買ってないけど載ってるのかな?

 次回の鑑賞では目に焼き付けておきたいですね。

京アニ聖地巡礼、境界の彼方は?


 今回は京アニの聖地巡礼といった仕掛けが楽しかったですね。Twitterで見たけどハルヒの舞台も出てたんですね。恥ずかしながら気づかなかった(泣)
予告で話題になった『たまや』
デラちゃん人形も出てきたね
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 あと、エンディングに『境界の彼方 製作委員会』のクレジットがあったけど、境界の舞台も出てきました?キャラなのかな?気づかなかったんだよなぁ。

 ロケ地とか全然詳しくなくって。自分なんてファンとしてまだまだだなぁ・・・と痛感です(笑)


劇場版をやってくれる嬉しさ


 今回は珍しく特典につられて前売券を買ってしまいました(笑)

 初回は良い席を指定したかったので前売券使いませんでした。だから『1度見れば十分』って作品だったらどうしよう・・・なんて心配してましたが杞憂でしたね。

 まあ、もちろんファンムービーなので『独立した感動作』ってわけじゃないですけどね。そういった作品とは同列に語れないのは確かです。

 ただ、こうやってテレビシリーズを一旦完結させながら、しばらく経ってから劇場版で改めて締めてくれるのは個人的にとても好きです。

 京アニだと『境界の彼方 過去/未来篇』とか『たまこラブストーリー』もすごくよかったですね。映画だからこそ可能な構成ってあると思います。
上映冒頭のフォトセッション(1週目)
知ってたけど忘れて電源入れなおすのに焦ってしまった(笑)
© 虎虎/京都アニメーション/中二病でも製作委員会

 特に中二病では、前回の劇場版総集編だけで終わってしまうのが本当にもったいないと思っていて、ぜひオリジナルの劇場版をやってほしいと熱望していました。

 だから発表された時は本当にうれしかったですね。公開までは死ねないなぁって(笑)忙しい生活の張りになるというか・・・まあ作っている人は大変でしょうけど。

 この作品はファン以外の人にはかなり厳しい作品なので、単体で見るのはお勧めできませんけどね。でも中途半端にせず、あえてファン向けに割り切って作った良さがありますね。(でも本編未見の人は予断なく見られて逆に面白いかな?感想聞いてみたいですね)

※追記:京アニ作品に親しんでいる方なら未見でも結構大丈夫みたいです!

 そういう意味でもとっても贅沢ですね。こういう作品を映画館で鑑賞できる幸せをかみしめて、また見に行きたいと思います!

『中二病でも恋がしたい』 公式サイト
関連記事 劇場版 境界の彼方 -I’LL BE HERE- 未来篇の感想:これが本当の最終回!- アニメとスピーカーと‥‥

スポンサーリンク


14 件のコメント:

  1. あらためて、良い完結編でしたよね。
    僕も、最後のブーケトスは、
    六花があらためて迷いなく勇太との恋に飛び込んでいく描写なのかなと思っていました。
    あとはやっぱ七宮の存在が光ってましたね。
    僕ももともと好きなキャラクターですが・・・
    同じ中二病で同じ勇太を好きになった者同士でも、対照的な決断をした六花と七宮。
    七宮目線のAnother Side Storyとか見たら号泣する自信がありますw

    家計の都合で2期BDまだ買ってなかったんだ・・・買わなきゃ・・・

    返信削除
    返信
    1. けいどらさん、早速のコメントありがとうございます。
      ブーケトスは確かに『迷いなく』って感じでしたね。
      『七宮目線のAnother Side Story』ってすごい見たいですね!結構ハードな話になりそうですが(笑)
      読んでいただきありがとうございます!

      削除
  2. 自分も今日 見てきました!ちなみに今までシリーズ全く見てません!(笑)前情報も全くなしです。

    でも面白かったですよ。
    字がわからないのでキャラ名は平仮名になります…💦
    ゆうたは中二病だったけど卒業した?
    りっかは中二病を維持(今回揺らぐ?)
    にぶさきは中二病が苦手な感じ(耐性はある?)副会長
    でこもりも中二病を維持?りっかの弟子?会長
    くみん先輩 理解者?
    ピンクの髪の子(名前わかりませんでした…💦)恋を捨てて中二病を選んだ?
    …という感じで理解しました。正解かどうかわからないですけど(笑)

    それでもゆうたとりっかの成長を感じましたし、
    お互い真剣に考えるからこそのスレ違いとその違いを埋めるために行動して導き出した結論に素直に感心してしまいました。(…というか本当に高校生なの?)

    そして結論後にとおかさんに送ったメール…
    見事に集約していたと思います。

    列車内で隣にいた友達?とか妹が二人?三人いたような?一人違う? とかわからない所もありますけど…

    あと見る前に特典のフィルムを開封したら
    会長と副会長のキスシーンで
    『え…?こんなシーンがあるの?』
    『もしかして重要なシーンなの?』
    『シリアスな場面なの?』
    と見る前から混乱してしまいました
    本編 見たらまさかの…(笑)

    そしてフォトセッションも知らずに大慌て!
    なんとか1枚撮れました!

    そしてこの映画館ですけど
    中二病~とガルパン最終章を上映してますけど
    来週からセカンドランで ごちうさとユーフォニアムが上映開始して更に別の映画館でマジンガーZも上映開始で大変なことに…

    返信削除
    返信
    1. TTさん、コメントありがとうございます!
      おお、全く前情報なしでご覧になったんですか!そういう感想も聞いてみたかったのですごく参考になります。

      それにしてもキャラの把握も”ほぼ”完璧ですね(笑)付け加えれば、丹生谷(モリサマー)は悠太と同じく”元・中二病”で過去を隠したがってるってことくらいでしょうか。くみん先輩を『理解者』の一言でまとめるのも、知ってる人からすると逆に笑っちゃうくらい的確です!

      ブログに『一見さんお断り』なんて書いちゃいましたが、早急に訂正しなきゃですね〜。なまじファンなだけにちょっと固定観念に縛られてたかもしれません。すごく貴重な感想頂き感謝です!

      それにしても特典フィルムうらやましすぎます!自分なんてキャラ写ってなかったですよ(泣)いいなぁ。

      来週からごちうさとユーフォなんですか!二つのポスターが並んでるの結構良いですね(笑)映画館がアニメフェスタやってるみたいですね。

      ブログも読んでいただきありがとうございました!

      削除
  3. コメントお疲れ様です。
    別に一見さんお断りでも構わないと思います。
    シリーズ見て観賞した方が良いのは間違いないですから。

    序盤の方で『なぜ床に巾着袋が置いてあるの?』と
    思ったら
    『ミョルニルハンマー!』…とか難易度高いです(笑)

    それにフィルムのキスシーンも
    何故キスしているかわかりません。
    モヤモヤします(笑)

    返信削除
    返信
    1. TTさん、更新の件もコメントいただきありがとうございます。

      いやぁ、自分も深く考えず『一見さんお断り』って決めつけてたんですよね。TTさんはじめ感想いただいた方には本当に感謝です。気づきを与えてもらいました。

      TTさんご指摘の通り中二病バトル的な表現とか唐突に出てきますからね。邪気眼的なセリフとかいきなり聞くとかなり寒いだろうし(笑)そういう点があったので『無理だろう』って思いこんでました。

      でもよくよく考えてみたら、細かく説明してないまでも、なんとなくわかるように丁寧に構成されているんですよね。花田さんや石原監督の配慮に気づけなかった自分が正直恥ずかしかったです(笑)

      この映画って、TVシリーズのファン向けであると同時に、タイトルくらいは知ってるけど見たことはない、って人たちに『この作品みて面白かったらTVシリーズも見て欲しい』って想定されているような気がしてきました。

      そう考えると、映画の後にTVシリーズ見ても楽しめるように構成されているなぁと感じたんですよね。もちろん未見の人よりファンの方が多く楽しめる作品には違いないですけど。

      そういう意味でも作品の意図を見直すきっかけになりました。
      フィルムの方もTwitterで見せていただきありがとうございました!羨ましい(笑)

      削除
  4. 綺麗な終わり方をした素晴らしい作品でした。
    作中にはCLANNADやAIRの場面もあったらしいです。好きな作品なのに全く気づきませんでしたが…その上、スマホの起動が間に合わず、写真も撮れませんでした(泣)
    スマホを構えながらもう一度見に行こうと思います(笑)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      フォトセッション間に合わずに残念でしたね。自分はギリギリ間に合いましたが、うっかり電源落としてたので、再起動こんなに時間かかったっけ・・・と焦りました。しかも再起動後なのでパスワード入力したりとか時間かかるし(笑)

      CLANNADやAIRの場面もあったようですね。青森とかですかね。自分はその二つはまだ未見で・・・でもすごい感動する作品みたいですね。見るからには気合入れないと、って構えちゃいますね。ハルヒの時もしばらく戻ってこれなかったので(笑)

      自分もまた見に行くつもりです!読んでいただきありがとうございました。

      削除
  5. Hidebow-Rainbo-Frawbow2018年2月17日 2:09

    katoさん、こんばんは!先日のお返事ありがとうございました。


    まずはお礼を。セカンドランの情報をありがとうございました。私の行動範囲内のイオンシネマのスケージュールを確認いたしました。また楽しみです。
    ......と言っておきながら、昨日2月16日(金)封切り上映館の最終日なので、2回目を見に行きました。


    私個人としては、勇太や六花、モリサマちゃん、凸森たちのあの<決め台詞>を聴かせてくれたことに、とても感激してます!最近の現実世界にみられる、雁字搦めで、息が詰まるような窮屈さを忘れさしてくれそうです。(妄想の範囲内ですが......)もしかしたら、あの<決め台詞>を思いっきり大声を叫べたら、スッキリとするでしょうね(笑)そして六花と凸森のバトルには、声を上げて腹を抱えて笑いました。傍から見ると、アホらしい場面ですが、ほんとうに愉快!愉快!です。ファンが知る<お約束>で楽しませてくれます。


    映画の最初で、六花は勇太から勉強を教わっていますが、中二病的な反応をして、ふたりはかみ合ってなかったです。しかし、ラストにかけて勇太に対する愛おしい気持ちを意識し始め<中二病も恋も両方>どちらも捨てないと決心した六花。


    (勿論、映画全般で、悩み考え成長していく様子が描かれていました。また六花は母親とはよく話し合っていた経過が母親のセリフから明かされていました。)その六花をそのまま受け入れようとする勇太。とても青春してる!感じがいいです。


    竜飛岬からフェリー船上の場面にかけて、ピアノとオーケストラの美しい劇伴が重なって、ロマンチックないい雰囲気を作り出していました。でも、海にむかってさけぶ、ふたりの様子は、成長したけれど、そこだけ変わらない部分なのでしょうね。それから、十花さんに伝えた結論は「俺は、中二病でも恋がしたい」。まったく微笑ましく思います。


    この映画のラストは、六花が上階のベランダからロープで降りてきて、勇太とバッタリ出会います。TVシリーズ1期の始まりの場面とよく似たシチュエーションです。でも、二つの場面の意味が少しずつ異なると思われますね。

    それではまた!ありがとうございます。


    P.S.それから、ファンムービーといえば、お祭りです。十人十色、千差万別です。最近、私は、マジンガーZ インフィニティ』と『劇場版 マクロスΔ(デルタ) 激情のワルキューレ』を見ました。

    自分が好きな作品は、自分が楽しむために、見に行きます。では、どうすれば自分が満足した顔で帰って来れるのか?なんです。

    例えば、TV、映画、ゲームなどで『ラブライブ』に夢中になっていた時期、ミューズの楽曲を繰り返し聴いていた経験ってあったでしょ!自分を楽しませるための予行演習、気持ちを高揚させる工夫が大事なのかなと、最近気づきました。

    返信削除
    返信
    1. Hidebow-Rainbo-Frawbow さん、コメントありがとうございます!

      自分もようやく3回目を見に行けました。最近はちょっと映画に行きにくい状態だたので目一杯楽しもうという気持ちで行きました。初見ではファンムービー的な楽しみ方でしたが、3回目でもやっぱりラストで感涙してしまい(笑)作品としてよくできているなぁと改めて感じたんですよね。

      『竜飛岬からフェリー船上の場面』は本当にいいですね。トントンと階段を上るように感情を盛り上げてくれます。海に向かっての中二病のシーンは素晴らしいですね。中二病のシーンで涙出るとは思っていませんでした(笑)

      『映画のラスト』・・・そうですね。3回目を見る前にTVシリーズを見直しましたが綺麗につながってましたね。映画では七宮に切なさを感じますが・・・。

      追記の『自分を楽しませるための予行演習、気持ちを高揚させる工夫』ってわかります。人によっては邪道って言われそうですけどね。でも心身のコンディションも含めて楽しめる状態の持っていくってすごく重要ですよね。

      『マジンガーZ インフィニティ』評判いいですね。自分はなんか食指が動かなくて。忙しさにかまけて見に行けませんでした・・・。

      コメントありがとうございました!いつもブログ読んでいただきありがとうございます。

      削除
  6. このブログを見たのは初めてなのですが、
    的確にキャラの性格や特徴を抑えていてすごいと思いました。
    やはり六花たんは神的可愛さでしたね!
    Blue Lay出たら絶対買います!!
    これからもブログ更新頑張ってください。
    p.s URLがないのでメアド貼っときました。google+もやっているのでそちらも是非。

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      褒めていただけてホント嬉しいです。映画を見たときの高揚感をなんとか記録しようと頑張って書きました。もちろん六花もですがどのキャラも愛着わいちゃいますよね。記事を読んでいただきありがとうございました!
      (メアド入力反映されないみたいですね。google+の場合はログインした状態ならユーザーネームが選べたかも?ちょっとわからなくてゴメンなさい)

      削除
  7. お久しぶりです。匿名ですー!
    いやー、中三の頃に友達から中二病でも恋がしたい!を勧められて、見て、ハマって、早5年ですよ。本当に良い作品ですよね。この作品は私が見た深夜アニメ2作品目で、とても思い入れが深いものなんですよね。1期の時は高校受験期に見たのですが本当にハマりすぎて勉強中もずっと見ながらでした。
    一期は10周しましたよ。(笑)それから月日は経った訳ですが、大学一年生の私はいろいろ忙しくて博多まで行けず、この映画は見れてません。
    実を言うとTSUTAYAで借りて見たという訳でもないのです。全く見てません。
    ので、めっちゃ見たいです!
    Amazonで買いますー!買って、見ますね!katoさんが絶賛するアニメや映画は私にとても合ってるので楽しみです。

    中二病でも恋がしたいTake on me!
    をちゃんと見て、改めてkatoさんのブログをマジマジと見させて貰います。そして、その時に私の映画の感想をここにいつも通り長文で書きましょう。

    人はいつまでも中ニ病なのだ....

    返信削除
    返信
    1. 匿名さん、コメントありがとうございます!自分も中二病1期は深夜アニメ見始めた頃の作品なんですよ。歳は違いますが(笑)やっぱり数年単位でハマると思い入れ深くなりますよね。
      この劇場版は『いかにもお涙頂戴』という感動じゃなくて、幸せいっぱいになるような感動でした。TV版のように普通に笑って楽しめて、でも思い入れがあるファンは胸がいっぱいになる・・・そんな作品だと思います。鑑賞したらお気軽にコメントください!

      削除

お気軽にコメントどうぞ!長文も一言でもOK。古い記事でも頂けると嬉しいです。