2017年11月12日日曜日

映画『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』 感想:種田梨沙さんおかえりなさい!と思ったら泣いちゃったよ。

ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~ 』を映画館で見てきました!日常系のスタイルを維持したまま、ちゃんと1時間の物語を展開しててビックリ。でもラストではちょっと泣いちゃいました(笑)

ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~
予告/『公開直前ぴょんぴょんPV』より画像引用
当ブログの画像引用について
©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

 日常系に癒されるだけでなく、終わってみれば劇場版らしい満足感も得られる作品。映画館で見る事ができて本当に良かったです。(一応OVA扱いみたいですが)

【追記】2回目を見てきました!もう予想以上に最高ですね(笑)自分が『ごちうさ』が苦手だったとは思えないくらいです。見た後はエネルギーが充填される感じですね。(やっぱりラストでは涙でちゃましたが)本当に良い作品でした。

※後半に若干ネタバレのあるレビューですのでご注意ください。

予告からすごく良かった主題歌!


 予告の時から大注目だった主題歌『セカイがカフェになっちゃった!』これ良いですよね。最初に聴いた時に一遍で大好きな曲になりました。

 だからオープニングでさらっと流されたらショック!だよなぁ・・・と心配してたんですよね。OPが始まって違う曲だったので、その時点で『よっしゃぁ!』って感じでした(笑)もちろんOPもすごく良かったですけどね。

思わせぶりな編集が本当に楽しいPV&予告
主題歌の良さを楽しむにはこの『公開直前ぴょんぴょんPV』
劇場版予告は鑑賞後も一層楽しめる気がします。

 主題歌はエンディングでたっぷりフルコーラス!これは本当に嬉しかったです。自分好みの『本編に被せてくる演出』ではないものの絵付きのエンディングはやっぱり良いですよね。

ちょっと苦手だった『ごちうさ』の日常系


 1年前に公開された劇場版『きんモザ』の感想でも書いたのですが、実のところ『ご注文はうさぎですか?』は日常系アニメとしてはちょっと苦手な作品だったりします。

 きんモザと比べてもさらに抽象度の上がった(個人的にはさらにハイレベルな)日常系作品。時代も場所もよくわからない謎の舞台設定。日常度をどこまでも上げていった結果、舞台が非日常になってしまうという究極的な理想世界ですよね。
現代日本だと思うんだけど設定が和洋折衷でわからない。
でもそこは理想の日常系を実現するための舞台
©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

 そこで繰り広げられるドラマ性を排したストーリー。他の日常系に比べてもギャグ要素が薄めな事もあって面白さが理解できないでいたんですよね。だから2期もちゃんと見れていませんでした。

それでも気になる作品だった『ごちうさ』


 でも気になる作品だったのは間違いないんですよね。1期OP曲の『Daydream café』は本当に好きで今でもアニソン有数の名曲だと思います。

 それに絵もすごく好きでした。キャラの女性的な可愛らしさは他の日常系作品と比べても際立っている気がしますね。

キャラの魅力、美しさは他の作品と比べても独特
TV版は話についていけなくてもすごく魅かれる作品だった。
©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

 そんな状態で見たあの素晴らしい予告編!きんモザの映画が良かった事もあったけど、もう曲だけもで聴きたい!って気分で見に行きました。

 初日とはいえMOVIXさいたまの2番目の大部屋が満席になるのは壮観ですね。さすがすごい人気。予約が遅れてセンター席が取れませんでしたが、熱気とお祭り感が楽しかったです。

※次の章から若干ネタバレがあります。


日常系で長編を作るむずかしさ


 予告編ではいかにもドラマっぽい感じでしたね。なにか起こりそうな・・・まあ、どう考えても引っ掛けでしょ?って思いましたが(笑)

予告・PVの『いかにも』な編集はすごく面白い。
特にPVでこのシーンの入れ方はミステリーっぽくて秀逸な編集
©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

 ただ、昨年の劇場版『きんモザ』では多少日常度を下げて、万人向けに見やすい作品に仕上げていたんですよね。

 でも、あれはあれで、すごく良かったんですけどね。自分みたいに日常すぎるのは苦手って人にもなじみやすい作品になってました。

 そもそも日常系で長編って作るの難しそうですよね。四コマ的な構成だとさすがに厳しそうなわけで。

 だから『ごちうさ』はどういう構成にするのかな?って。まさか予告通りのシリアス展開はないだろうとは思いましたが(笑)

日常系を維持したままでの展開に驚き


 そしたら、1時間『ひとつのストーリー』にまとめながらも、ちゃんと日常系に収まってるんですよね。『きんモザ』よりさらに日常度が濃い印象でした。

 葛藤やドラマッチックな展開を極力排しながらも、ちゃんと1時間のストーリーとして展開させているのに驚きました。

時折見せるドラマチックなシーンも
違和感なく日常系の文脈に織り込んでいる
©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

 それでも平板にならず、『~Dear My Sister~』のサブタイトルの通り、チノを軸にココアとリゼの思いがちゃんと描かれている。コアな日常系ファンからすれば違うかもしれないけど、自分には『日常系の長編作品』として成立させたすごい脚本だったなぁと感動しました。

 でも『感動』といえば、もう、これを言わないわけにはいきません!

※次の章に超絶ネタバレがあります。未見の方は 最終章へジャンプ


種田梨沙さんおかえりなさい!


 何と言っても、あの、エンディング前のラストシーンですよ!

 日常系なんだから本来は『泣く』とかはないのに・・・あのセリフ。チノちゃんの『ちゃんと言えてなかった』からの『おかえりなさい』!!!

チノの最後のセリフにどんな意味が込められたのか。
真相はわからないけど自分は猛烈に感動しました。
©Koi・芳文社/ご注文は製作委員会ですか??

 もうあれは、どうしたって種田梨沙さんの事を思い出しちゃいましたよね。もちろんリゼに言ってるわけじゃないんだけど、でもね、やっぱりね。

 え?チノちゃん何言うのかな?って思ったら『おかえりなさい』だもんね。しかも、そこですぐにエンディングに転じた演出が最高でした。

 これイントロがサビのメロディーなんですよね(笑)これ最高!もうここで感極まっちゃって・・・『種田梨沙さんおかえりなさい!』って思ったら涙出ちゃいましたよ。

 ここまでずっと日常系が維持されてたのに『この一瞬だけ』すごい衝撃。劇場版らしい最高のエンディングでした。

『ごちうさ』が楽しめる嬉しさ。


 なんかようやく『ご注文はうさぎですか?』がちゃんと楽しめた気がします(笑)

 元々の『ごちうさファン』の人からすれば『それ違うから!』って言われそうだけどね(笑)でも劇場版ってすごく良いきっかけになりますね。(一応OVA扱いみたいですけど)

 個人的な話ですが、『まどか☆マギカ』から深夜アニメ見はじめて6年。当時は日常系作品の良さがわからなかったんですよね。特に(自分の中では)一番ハードル高かった『ごちうさ』を楽しめるようになったのは感慨深かったりします。

 劇場版として公開してくれて感謝したいですし、なんといっても種田梨沙さんの末長い活躍を祈りたいですね!(個人的に種田さんは『境界の彼方』でファンになりました)

ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~  公式サイト
http://www.gochiusa.com/ova/

スポンサーリンク


12 件のコメント:

  1. Hidebow-Rainbo-Frawbow2017年11月18日 23:56

    katoさん、こんばんわ!先日のお返事ありがとうございました。


    『ご注文はうさぎですか?? ~Dear My Sister~』を見てまいりました。katoさんがおっしゃるがように、今回は「Sister」がキーワードですよね。

    ココアちゃんとチマメ隊、リゼちゃんとチマメ隊、千夜ちゃんとチマメ隊、シャロちゃんとチマメ隊、モカさんとココアちゃんと、そしてお母さん(皆口裕子さんのお母さんいいですよね。「此の親にして此の子あり」。モカさん、ココアちゃんのおおらさかはそこなんですね)、こじつけですが、青山さんと凛さん(作家と編集者。うっかり者の姉としっかり者の妹のような、高校時代の先輩後輩ですが、お酒が入っても、入らなくても姉妹のように親密で仲良しです...笑)、さなざまな関係とつながりがあり、興味深いです。


    本当に、おもしろかったです。思わせぶりなファーストシーンは、4コマ漫画的な落ちで収まりましたね。クスッ!と笑みがこぼれました。


    それから、種田さん、おかえりなさい!katoさんのお気持ちよくわかります。よかったです。嬉しかったです!(私は、昨年11月の『劇場版 きんいろモザイク』や今年リリースの『ストライク・ザ・ブラッド』OVA2期でお声を耳にしてりますので、空白期間は感じませんでした。それでも、声をセーブして演じていたように思えましたので、種田さんのこと、とても心配しました。)

     
    今回のリゼちゃんは、(もともと隠し持っている)女の子らしい仕草が表面化たように思えました。(ココアちゃん不在のラビット・ハウスで)お姉さんとして妹たち(チマメ隊)の相手をしているリゼちゃんは、内股座りでイスに腰掛けてました。なんか「うん~ん?!」と見入ってしまった次第です(笑)


    それから、手作りのワイルドギース、お裁縫の場面はお姉さんらしい意外性がありました。お約束の照れ隠しで、赤面してしまうのが、何ともかわいいです。


    私も、katoさんのように、最近になって深夜アニメを見始めました。2013年10月頃だったと思います。『境界の彼方』と『ストライク・ザ・ブラッド』で種田さんのお声を初めて耳にしました。どちらもヒロインのツンデレと健気さに、胸がキュンキュンとしました。応援したくなりました。リゼちゃんも、そんなところありますよね。『きんモザ』の綾ちゃんも...(笑)


    大げさかもしれませんが、今、私がアニメファンであるのは、あの時の種田さんのお陰であるかもしれません。


    それから、主題歌は、マヤ、メグが加わりました。もう最強です!今回も、口ずさんで、踊りながらスキップしちゃいそうです(笑)


    それではまた。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. Hidebow-Rainbo-Frawbowさん、コメントありがとうございます!

      自分はチマメ隊という言葉すら(聞いた事はありましたが)良くわらかない位のレベルで『ごちうさ』には苦手意識を持っていたのですが、この劇場版で完全にヤラレちゃいました(笑)
      1期を見た時に比べて自分が慣れたのか、劇場版独特の魅力があるのか・・・判然としませんが自分でも驚いています。

      2回目を見てきましたが、冒頭のシーンは2回目はとにかく楽しく感じたんですよね。自分は『きんモザ』に比べて『ごちうさ』の笑いどころが分からないと思っていました。でも劇場版では『きんモザ』とは笑いの種類が違うだけで、しっかり笑のある作品だと理解することができました。もちろん爆笑というより『クスッ』とか『ニヤニヤ』ですけど(笑)

      Hidebow-Rainbo-Frawbowさんも最近からの深夜アニメファンなんですね。新参ならではの発見や体験があって楽しいですよね。今回自分は、以前理解できなかった『ごちうさ』の魅力に気づけたことにすごく感動しています。

      主題歌も本当にいいですよね。この歌詞がまた畑亜貴さんですがさすがですね。まさに日常系そのものを表現した歌詞だと思いました。

      自分にとって劇場版『きんモザ』からの『ごちうさ』の流れは視野を広げるエポック的な作品になりました・・・本当に感慨深いですね。あ、コメントなのに自分の感想ばかりですみません。今回も読んでいただきありがとうございました!

      削除
  2. こちらはセカンドランでの上映は決まっているので気長に待ちます。アニメ版は見てないので、これからバンダイチャンネルで観賞予定です。コミックは最新6巻まで購入してますけど2巻途中までしか読んでません…というか1話か2話読んだらお腹いっぱいになってチビチビ読んでます自分も少し苦手だったみたいです…でも少しずつですけど読み進めてしまう魅力もあって複雑な心境です(笑)

    返信削除
    返信
    1. TTさん、コメントありがとうございます!
      追加公開も決まっているんですね。自分も本文に書きましたが『ごちうさ』は苦手だったんです。TV1期でも絵は綺麗だけど、面白さが全くわからなくて・・・でもこの劇場版ですごく好きになってしまいました。

      なんでだろう・・・と今はその理由をいろいろ考えています。単に日常系作品に慣れたせいもあるのかもしれませんが、やっぱり『ごちうさ』は日常系作品としては上級者向けだと思うんですよね(笑)でもそれだけに魅力を理解できるとすごい幸福感というか満足感があります。まさか2回目見た時に初見以上に楽しい気分になるとは思っていませんでした。

      ぜひご覧になった際はまたコメントいただけると嬉しいです!ありがとうございました。

      削除
  3. Hidebow-Rainbo-Frawbow2017年11月22日 11:39

    katoさん、こんにちわ!お返事ありがとうございました。


    『ごちうさ』を気に入って下さる方々が増えるのは、うれしいことです(笑)


    katoさんが、おっしゃつていたように、劇場版の冒頭シーンはわかりやすくて、面白かったです。全編60分の中で、時間をかけて集中的にストーリー仕立てにできるところが、映画の強みなのかなと思います。


    反対に、テレビ放送は、1回1回の放送が(チノが大好きな)ジグソーパズルのピースを当てはめていく感じですかね。


    それから、『きんいろモザイク』の笑のツボは、『ごちうさ』のものと比べると、緩やかなふわっとした印象を受けます。katoさんのご指摘のように、わかりやすいです。


    『ごちうさ』は、テンションMAXのココアちゃんを原動力(ドライバー)とした躍動感があると思います。ボケとつっこみにもスピード感があるので、笑のツボをつい見逃し聴き逃してしまうのかしれません。私個人的にはTVシリーズ1期3話での「笑いの攻守」はとても面白かったです。


    心躍るOPで始まり、一場面一場面を楽しみ、気づいたらエンディングでした!のような、そのリズム感が私は、好きですし、また『きんモザ』のジャズ風アレンジのOP曲ED曲とゆるふわ感も大好きです(欲張りな性格で、すみません......笑)


    最後に、私の『ごちうさ』の楽しみ方です。木組みの家と石畳の街、運河などの風景や店内の作りがとてもシックな描写です。それと正反対にキャラクターたちは華やかな雰囲気の配色が施されています。その両方が、上手く溶け合って、すばらしい一点の絵画になってます。それを見るときが私の至福の時間です。


    それでは、また。ありがとうございました。

    返信削除
    返信
    1. ご返信ありがとうございます!
      『ごちうさ』の楽しみ方のアドバイスありがとうございます。笑のツボの違いもすごく参考になりました。

      今回の劇場版をきっかけにTVシリーズを見直してみたくなりましたね。一応保存はしてあるので、今度はちゃんと楽しめるんじゃないかと期待してます。

      これまではアニメに対する固定観念みたいなのが邪魔をして『ごちうさ』みたいな作品の魅力が見えていなかったようです。『きんモザ』もそうだったのですが、劇場版ってファンムービーであると同時に、自分みたいなファン予備軍も取り込める作品になっている気がします。

      最初に聞いたときは正直『日常系で劇場版って矛盾してない?』って感じで半分ネタで見に行きましたが、ここまで自分の見方を変えてくれるとは思いませんでした。

      だから見に行って本当に良かったですね。同時に何度もみたい中毒症状に悩まされていますが(笑)コメントもすごく参考になりました!ありがとうございます。

      削除
  4. こんばんわ。多分ご覧になっているだろうと思って久しぶりにお邪魔しました。
    私のところでは少し遠出をすれば観られるのですが、来年になれば近くの映画館で掛かるようなのでそれまで待とうかとも考えあぐねています。
    私は夏ごろからCSで放映されたのを機に「ごちうさ」を観るようになりました。
    アニメは面白いと思ったのですがそのあと原作を読んでもそちらの方は今一つ面白さが分かりませんでした(ファンの皆様申し訳ございません)。それは小生の読解力に起因するものと省みていますが今まで観て来た所謂日常系の漫画およびアニメに比べて、「ごちうさ」のアニメは原作に即しながら決してそのままではなく物語を再構築している印象を強く持ちました。
     映画を観た暁にはまたここにお邪魔しようと思います。

    返信削除
    返信
    1. K.ONOさん、コメントありがとうございます!
      これからご覧になるんですね。私は原作は未読なのですが原作ファンの方は多いですよね。原作とアニメの印象の違いについてはすごく参考になります。

      劇場版も原作のエピソードをつなぎ合わせて一つの物語にしていると噂で聞いていますが、自分には境目がわからないくらい綺麗に一つの話につながっているなぁという印象でした。それでいて、日常系の穏やかな起伏を維持していて、しかも退屈にならないっていう絶妙なさじ加減でした。

      自分にとっては色々と固定観念が変わる作品でしたが、K.ONOさんもご覧になったら是非印象をお聞かせください!

      削除
  5. お久しぶりです!先月の公開初日に見に行って、あなたの感想サイトを待っておりました。具体的にはきんいろモザイクPretty daysの感想サイトからリンクが貼られてないかなーってずっと思ってました。普通に今日探したらありましたけど。(笑)

    涼宮ハルヒの憂鬱からラブライブ!の感想サイトまでたくさんの長文コメントをしてきた、毎度匿名です!

    やっぱり凄いですよねー!難民がたくさん出てくるのが分かる作品でした。
    あなたのお気持ちすごくすごくすごーく分かります!きんいろモザイクで種田梨沙さんの熱狂的なファンになったのですが突然の病気....もしかしたら復帰はないかも....なんて言われてて私は本当に悲しかったです。ごちうさの劇場版はずっと前から言われてるのに種田梨沙さんが復帰できないと現実化し得ない。何より種田梨沙さんの声がもう一度聞きたい!聞きたすぎる!
    そう思って約1年!
    ごちうさ劇場版じゃあないか!最高ですね!これできんいろモザイク3期も視野に入れられますね(笑)
    ともあれご注文はうさぎですか?Dear my Sisterは本当に良かったです。
    きんいろモザイクPretty daysが普段触れられてない過去に触れて涙を誘ったのだとすればご注文はうさぎですか?Dear my Sisterはいつもの日常を見せつつ皆の成長を見せてくれたのだと思います。
    顕著なのはチノちゃんですがリゼちゃんやココアちゃんもちゃんと過去のエピソードを出しながら成長を見せてくれました。
    また、ところどころに笑いがあり、とても笑ってしまいました。個人的にはシャロちゃんの照明弾のくだりが1番好きです。
    チノちゃんがココアちゃんに「おかえりなさい、ココアさん。」という最後のシーンはとても感動しました。ココアちゃんがところどころのシーンで言おうとしてるのが分かったのが、また良いと思います。昔のチノちゃんならあのまま有耶無耶で終わっていたでしょう。しかし、いろんな人と出会って成長したチノちゃんはちゃんと言うことが出来ました!私はとても嬉しいです!
    正直に言うと、私はご注文はうさぎですか?のアニメはあまり好きではありません。原作は大好きですけど。しかし、見に行ってよかったな、とそう思えました。
    それはきっと作画云々じゃなくて単純にストーリーに引き込まれたからだと思います。
    たくさんのカフェなどを通じての友情というか絆、が見られました。絶妙な距離感を表現してて素晴らしいですよね!
    そして、楽曲!主題歌のセカイがカフェになっちゃった!とハピネスアンコールがとてもよい!
    マヤちゃんとメグちゃんも加わりさらに心がピョンピョンしちゃいますね!
    きんいろモザイクとご注文はうさぎですか?の楽曲は体でリズムを刻みたくなったり、口ずさみたくなるとても凄い力を持ってます。難民が沢山いるのもこの楽曲の力も大きな要因かもしれません。
    種田梨沙さんの歌声が.....素晴らしい!ヤバい!

    長文失礼しました。(笑)ご注文はうさぎですか?ときんいろモザイクはきっと3期があると思うので、またその時に難民と化しましょう!
    今から楽しい楽しいことばかり!ここでここで見つけたいな...♪*゚

    P.S.原作も読んでみてください!アニメは少しテンポが悪くて原作でとても笑えるところが笑えなくなってます。原作はけっこう笑いも沢山入ってて楽しいですよ。そして、女の娘達がとても可愛い!

    返信削除
    返信
    1. 柊かがみ さん、コメントありがとうございます!
      感想待っていただいていたのに、きんモザのページにお知らせのリンクを貼ってなくてゴメンなさい!あちらにもリンクを貼っておくべきでした。

      それにしても柊かがみ さんの言う通り、いつもの日常を見せつつ、ちゃんと長い物語にまとまってるのがすごいですよね。両立は難しいのでは?と思っていたのでびっくりしました。変わらない日常のようで、ちゃんと成長や変化を描くのって相反することなので、こうやって綺麗にまとめるのは感心しました。

      シャロちゃんの照明弾のくだり、良かったですね。実はまだごちうさに馴染めたかったTV版1期の頃、唯一いいなぁと思ったキャラがシャロちゃんでした。今作もたくさんは出てきませんが、すごくいいポイントで出てくれるのでうれしかったんですよね。

      ラストの『おかえりなさい』のシーン3回見たのですが3回とも涙出ちゃいました。あそこからのエンディング楽曲がもう最高ですよね。『ハピネスアンコール』は映画で聞いたのが初めてでしたが両方とも凄くいいのでびっくりしました。本当この作品はTV版の頃から楽曲が素晴らしいですよね。

      原作も薦めていただきありがとうございます。日常系の原作は全く初心者なのですが、そろそろ受け入れ体制ができてきたかな?と思っています。今度読んでみますね。今回も読んでいただきありがとうございました!

      削除
  6. すみません。アカウントを作ったので今まで「匿名」でしたがこれからは「柊かがみ」としてコメントさせていただきます!

    返信削除
    返信
    1. OKです。こちらこそよろしくお願いします!

      削除

お気軽にコメントどうぞ!長文も一言でもOK。古い記事でも頂けると嬉しいです。