2017年1月15日日曜日

『君の名は。』IMAX版の感想:空気感を感じる映像に2Dアニメの潜在力を体験できた

 IMAX版『君の名は。』を見てきました!

 この作品はIMAX上映で映えるだろうなぁ・・・と思っていましたが期待通りの美しさでしたね。特に彗星や風景の描写は巨大なスクリーンと相まって素晴らしい体験でした。IMAX用にリマスタリングしたという映像は拡大しても精細感が失われず色乗りも良かったですね。

超大画面のIMAXで絶対映えると思った彗星のシーン
空気感まで感じる没入感を得られた
君の名は。」予告2より画像引用(東宝MOVIEチャンネル)
当ブログの画像引用について
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 拡大のマイナス面を最小限に抑えて、没入感と空気感が最大限にアップしていたので『君の名は。』を最高の環境で楽しみたい人には価値のある上映だと思います。

 ※こちらはIMAX版に絞ったレビューです。通常版は別の投稿になります。ストーリーにはあまり踏み込みませんが、軽いネタバレになるかもしれませんのでご注意ください。
関連記事 通常版の感想はこちらです。
『君の名は。』感想:こんなすごい映画作るなんて本当に新海さんは大したものですね。 - アニメとスピーカーと‥

IMAXとは『超でっかいスクリーン』


 ところでIMAXって何?って話ですけど、簡単に言えば『すっごく大きいスクリーン』です(笑)(ちなみにガルパンで流行った4DXとはまったく違う規格です。席が動いたり水が出たりはしません)

外部サイト 109シネマズ IMAX(アイマックス)って何? 
 カナダ生まれの規格で、日本では1970年に初公開。アナログ時代からの歴史ある規格みたいですね。現在はIMAXデジタルシアター規格。(wikipedia

 壁一面がスクリーンになっているような感じで、実際に入ってみると『デカッ!』って思います(笑)これだけ拡大すると映像もボケちゃいそうですが、IMAX用にアップスケーリングリマスタリングしたりして高精細なまま超大画面にできるのがウリみたいですね。

 あと、音声も通常より表現力の高い専用設備になっているようです。爆発音なんかは座席が動いてるのかな?ってくらい響きます。

 ただ、欠点は通常上映より割高(109菖蒲はプラス400円・500円の所もあるみたいです)なのと、上映館数が少ないんですよね。都内でも数えるほどだし北関東だと埼玉の菖蒲か茨城の土浦くらいです。
外部サイト 君の名は。』シアターリスト(備考にIMAXとあるのが上映館)

IMAXと2Dアニメの相性


 IMAXは2Dも3Dも上映できるけど、『3D上映に最適』と言われてるんですよね。画面がでかくて映像が明るいので。だから2DのIMAXって今まであまり興味ありませんでした。

 特に2Dアニメは拡大し過ぎると間延びしそうだしね。そもそもアニメがIMAX上映されることが少ないんだけど。でもこの『君の名は。』については最初に見たときからIMAXに合うだろうなぁと感じていました。

こういった新海作品らしい街の風景はIMAX向きだと思った。
光の描写や雲の描きかた、細密な描写を最高の設備で見たい。
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 あのスケール感や奥行き感っていうのは、あの馬鹿デカイスクリーンにこそ映えるだろうなぁと思いますよね。空気感がより伝わるんじゃないかと思うし。だからIMAX上映が決まったと聞いてぜひ見たい!と思ったんですよね。(二週間限定公開・一部遅れて上映するところもあるみたいです)

拡大された違和感はあったか?


 とはいえ、2Dアニメには違いないので、キャラクターのアップとか、超大画面に拡大した時に違和感ないかな?と心配ではありました。間延びした感じになりそうじゃないですか。

心配していたのは2Dキャラのアップシーン
大画面すぎてバランスが崩れるのではと思ったが杞憂だった。
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 でも実際に見てみると思ったほど違和感なかったですね。オープニングシーンや口噛み酒のギャグシーンとか、TVアニメっぽい表現のシーンも通常版と変わらない感じで見ることができました。

 でっかくなったからと言って特段違和感なかったのは結構安心した点です。(もちろん人によると思いますが)

冒頭の過去フィルターでビビる


 逆に違和感を感じたのは冒頭の彗星のシーンですね。なんかノイジーな映像に見えちゃうんですよ。こちらはIMAXだからって期待度MAXで見始めたので、正直『えっ・・・拡大しすぎてノイジーになってる?』って思っちゃったんですよね。

 でもこれ、過去の回想シーンのエフェクトなんですね(笑)久々に見るせいもあって忘れちゃってました。というか通常版だとこのエフェクトって気がついてなかったのかな?

 過去の回想シーンは微妙にトーンを変えてフィルターを通したように見えるのですが、IMAX版だとザラッとしたフィルターを一枚入れたように非常にわかりやすく見えるんですよね。

 だから演出上のノイズなんだけど、余りにクッキリ見えすぎてびっくりしました。でも『過去フィルター』がなくなるとノイズもなくなってホッとしました(笑)

 ※TwitterでYossy64さんが動きのブレについて指摘をしていました。あまり覚えていないけど、確かに言われてみれば違和感あった気もしますね・・・。

IMAX版の見どころ・・・吸い込まれそうな空気感


 それにしても、あれだけ拡大しているのにボケずに精細感を保っているのはさすがにIMAXですね。(別に過剰にクッキリ感を強調してるわけじゃなくて通常版レベルに保っているという事です)色乗りも良くて、新海作品の映像の良さを保ったままで没入感をアップしてくれる感じです。

 特に後半の彗星のシーン二人の『かたわれ時』のシーンは、その空気感に吸い込まれそうというか本当に見とれてしまいましたね。このシーンのために差額400円払う価値があったなぁ・・・って思いました。ただ、涙がでちゃって・・・目を瞑るのが勿体無いので(笑)必死に目を開けてました。

かたわれ時のシーンは予想外に印象的だった。
2Dキャラのアップがありながら奥行きを感じる空気感を感じた。
こういう奥行きのある風景は超大画面に向いているのかも。
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 あと、細かいシーンが良く見えるってのは本当で、三葉が自転車に乗ってる時チラリと見えるシーン(笑)とかって初めて気が付きました。通常版で2回見た時は気がつかなかったんですけどね。

音響の良さでさらに印象的に


 ツイッターとかで感想を読むと『音響の良さ』をあげる人が多いですね。自分としてももちろん良かったと思いますが、そこまではっきりした違いはわからなかったかな。(映画館によって設備や調整に違いがあるようですが)

 ただ、爆発音などの低音は席が響くほどの音量ですので、いわゆる『極上音響上映』とか行けない人にも楽しめるのがいいですね。

 音といえば、前半の山場である『前前前世』のシーン。通常版でも感動しちゃうところなんだけど、今回も本当によくてやっぱり泣いてしまった(笑)


このシーンはやっぱり大好きなんだけど
IMAXの音響の良さも相まってか本当に印象的だった
当然超大画面にもとても合っています。
(C)2016「君の名は。」製作委員会

 あの一気に駆け上るような演出が最高ですよね。急速に高速回転していくような感じ。あそこは多分音響の良さも相まって一段と印象的になっている気がします。

差額400円の価値はあるか?


 あれだけの大画面と設備ですから割増料金も当然なんですけど、個人的な感覚でも400円の差額の価値は十分味わえました。とはいえ通常料金+400円は馬鹿にならない値段なのでレイトショーで見ましたけどね(笑) ※+500円の所もあるみたいです。

 レイトだったので大人のお客さんたくさん来てました。327席で中央寄りの席はほぼ入ってたから1/3位の入りだったかな?

 IMAXは4DXみたいにアトラクション的な楽しさがあるわけじゃないですからね。基本的に通常版と同じ作品なので過剰に期待しすぎていくと拍子抜けしちゃうかもしれません。

 そういう意味ではマニア的な楽しさになるのかも。でも『君の名は。』を最高の環境で楽しみたい人には価値のある上映だと思います。

2Dアニメの可能性を感じるIMAX上映


 今回は久々の『君の名は。』だったので、細かいところをいい感じに忘れてて楽しく見られました。前回の鑑賞後にいろんな情報も仕入れてたので(雑誌『ムー』の話題とか)IMAXの大画面ではいろんな気づきがあって面白かったですね。

 上映前にハリウッドの超絶大迫力のCG作品の予告をやってて、その映像はすごいなぁと思うんだけど、なんか最近はすごい映像も慣れてきちゃいましたね。

 確かに実写CG映画のリアル感はすごいんだけど、慣れちゃうと当たり前というか・・・逆に2Dアニメの抽象的な表現力が光ってくる感じがするんですよね。

 『君の名は。』のハイパーリアルな風景表現とアニメキャラの組み合わせって決してハリウッド作品に劣っているわけじゃないくて手法の違いに過ぎないってのを実感できた気がします。

 ましてや『この世界の片隅に』の水彩のようなアニメ映像とか、CGのリアルさとは全く方向性が違うんだけど、別の意味でものすごいリアルさを表現できてるわけで・・・。

 頭ではわかっているんだけど並べてみると改めて良くわかりましたね。2Dアニメも極めていくと実写CG作品に勝るとも劣らない表現ができる。改めて2Dアニメの潜在力を感じた体験でした。
関連記事 通常版の感想です。
『君の名は。』感想:こんなすごい映画作るなんて本当に新海さんは大したものですね。 - アニメとスピーカーと‥

『君の名は。』公式サイト

スポンサーリンク


6 件のコメント:

  1. Hidebow-Rainbo-Frawbow2017年2月4日 17:16

    katoさん、こんにちは! お返事ありがとうございました。


    2週間前に『IMAX版』を、昨日『英語主題歌・英語字幕版』を鑑賞してきました。IMAX版は大きいスクリーンで、しかも座席は画面に近い前の方。プラネタリュームを仰ぎ見るようでした。幻想的な映像が迫りくるようで、圧倒されました。また、爆破音、ちょっとした効果音、重低音の響きが、いつもとは違っていたようですね(笑)たまには、IMAXで観て見ようかなと思いました。


    英語主題歌・英語字幕版は、とてもいいですよ!なんか洋画みたいです。私だけかもしれませんが、日本語歌詞だと、つい歌詞の意味を考えてしまいます。ですから、MV,PVのような感覚で画面を追ってしまいがちです。曲が映像から主役を奪ってしまう。。。。その点、英語歌詞は、曲のリズム感とぴったりと当てはまり、調和し「お似合い」だと思います。日本語の映画だけど、洋楽ぽいのもありかな。ロックは英語が一番かもしれないです。日本語は、ロックにのせると、字余り、字足らずになりやすいのかもしれませんね。私は三度『君の名は。』を観ていますが、ちょっとした違和感を感じてました。その部分だったのかもしれませんね。


    ちなみに、当初、新海監督がRADWINPSから提案された主題歌は英語歌詞の別の曲だったと聞きました。

    それではまた!ありがとうございました。



    P.S. 中村亮介監督・アニメ映画『ねらわれた学園』(2012年)レンタルビデオ店で、見つけて借りました。後日あらためて感想をコメントしますね、私は好きな映画ですよ!

    返信削除
    返信
    1. Hidebow-Rainbo-Frawbow さん、コメントありがとうございます!
      IMAX版を前方でご覧になりましたか!IMAXは真ん中ぐらいでも視野いっぱいなので、結構前すぎたかな?って心配したのですが、実際に見ると意外と大丈夫なんですよね。不思議なものです。

      英語主題歌/字幕版は見ていないので感想興味深く読みました。たしかに歌詞が英語になるかどうかは印象以上の変化がありそうですね。英語が堪能な人はまた違うのかもしれませんが、新海監督の作品は楽曲とのコラボを積極的に使う演出なので一層影響も大きそうですね。

      『ねらわれた学園』見ていただいたんですね!ありがとうございます。内容も好きですが光り輝く映像とかも好きです。コメントお待ちしています!

      削除
    2. Hidebow-Rainbo-Frawbow2017年3月3日 11:29

      katoさん、こんにちは!お返事ありがとうございます。

      『ねらわれた学園』を鑑賞しました。桜吹雪がそよ風に舞う描写、光の玉が揺らめく描写、夕日(逆光)をうけて浮かび上がる主人公たちのシルエットなどなど、美しい場面ばかりですね!青春のきらきらした雰囲気を現しているかのようです。いいですね。


      ナツキが幼馴染のケンジを想うせっない恋心。カホリが転校生・京極リョウイチに心惹かれ、あこがれをもつ。そんなところは、甘酸っぱい初恋のいろいろをおもわせます。


      ところで、アニメ版は、原作の約40年後のお話なんですね。よく見ていないと気づかないのですが、ケンジの祖父の名前は、「関耕児」=原作の主人公の名前です。

      アニメ版の京極(リョウイチ)とケンジの祖父が「リョウイチの両親」の話をとする場面があります。リョウイチの父親は、「原作の京極」であると考えられるし、彼の母親は「原作にでてくる女子生徒」、たぶん、「生徒会長・高見沢みちる」ではと、私は想像します。


      中村監督は、この物語を現代的に大胆に脚色しながらも、どの時代にも変らない心情を描いて下さったとおもいます。美しい鎌倉の風景を舞台にして....。なんだか眉村卓さんの原作を読み直したくなりましたよ。

      katoさん、良い映画を紹介下さって、ありがとうございます。感謝いたします。


      P.S.レンタルビデオ店で、新海誠監督作品関連のコーナーがつくられ、「ほしのこえ」など過去の作品が紹介されていました。

      ほかに「初恋」「距離感」などのキーワード関連で、『ハル』(2013年・牧原 亮太郎監督)『イブの時間・劇場版』(2010年・吉浦康裕監督)『アルモニ』(2014年・吉浦康裕監督)がありました。早速、借りてみました。次回コメントしますね。

      削除
    3. Hidebow-Rainbo-Frawbow さま、コメントありがとうございます!
      『君の名は。』が好きな人ならアニメ版『ねらわれた学園』も評価される方が多いんじゃないかと思ったんですよね。当時よりも現在の方が評価が高いんじゃないか?と思っているくらいです。

      監督の中村亮介さんはTVアニメのOP/EDも多数担当されているのですが、超感動作品と誉れの高い『四月は君の嘘』(2014)の1期OPは中村さんらしい輝く映像と楽曲の合わせ方に感動してしまいました。

      ところで、Hidebow-Rainbo-Frawbowさんにコメント頂いてから、私も『ねらわれた学園』を見直したくなってブルーレイ版を買ってしまったのです。私も以前レンタルDVDで見たのですが、さらに高画質で見たいと思っていたので良い機会と思いまして(笑)今はちょっと忙しいのでまだ見れていませんが、見たら改めてこのブログで感想書いてみようかな・・・。

      原作との関連性も上手い演出ですよね。結構忘れてしまったのでご指摘の点も含めて見直したいと思います。こちらこそ良いキッカケにになりました。ありがとうございます!それにしても『日本アカデミー賞』もアニメ映画の話題でいっぱいで本当にすごい年になりましたね。

      削除
  2. Hidebow-Rainbo-Frawbow2017年4月5日 0:02

    katoさま、こんばんは!お返事ありがとうございます。


    中村亮介監督は、『四月はの嘘』のOPを担当されていたのですね。知りませんでした。


    サビの歌詞が、


    「♪ 君だよ 君なんだよ 教えてくれた

    暗闇のも光るなら 星になる

    悲しみを笑顔に もう隠さないで

    煌めくどんな星も 君を照らすから~」の曲でしたか?



    それならば、私は、大好きで仕方ないです!!!(笑)『ねらわれた学園』同様、キラキラした映像だったのを、憶えています。また、一話から観直してみたいです。


    クラシック音楽で、ヒロインがバイオリニスト。しかも病を抱えている設定はとても、ドラマになりやすい思います。一つ、思い浮かぶ作品は、韓国TVドラマ『ベートベン・ウイルス』(2008年)です。


    市民オーケストラの結成と存続の話です。また、主人公・孤高の指揮者と彼の弟子(チャン・グンソク)とヒロイン(イ・ジニ)の三つどもえのラブストーリー。そして楽団員一人ひとりの人生模様を描いています。ちょっとだけ、内容がとても濃いかもしれません(笑)


    劇中に流れる、テヨン(少女時代)が唄う、挿入曲『きこえますか?Can you hear me?』は、とても美しくて、せつないくて、ロマンティックな雰囲気のバラードです、いいですよ。YouTubeで、この曲を見ることが出来ますので、よろしかったらチェックしてみてください。私が、かって体調を崩して休職した時期に、韓流ドラマを観て、よく聴きました。心が落ち着きます。


    ちなみに、主人公が男性ピアニストなら、韓国TVドラマ『春のワルツ』(2006年)が素敵な作品です。


    それではまた。どうもお邪魔しました。韓国ドラマのことばかりでごめんなさいね。


    P.S.

    2月~3月は、アニメ劇場版(4DX、ULTIRAでら特盛センシャラウンド9.1ch上映+岩浪美和・音響監督のトークイベント)やアニメの実写版をたくさん鑑賞しました。それはまたコメントしますね。

    返信削除
    返信
    1. Hidebow-Rainbo-Frawbowさん、コメントありがとうございます!返信遅くなってごめんなさい。
      そうなんですよ『光るなら/作詞:Goose house』ですね。いいですよね〜ご指摘通りキラキラした映像が特徴的ですよね。2014年の個人的オープニングランキングで1位だったりします(笑)
      http://kato19.blogspot.com/2014/12/2014-best-72.html

      韓流ドラマは詳しくないので参考になります。感情を動かすという点では韓流ドラマは強力そうですね。
      最近は自分もアニメ映画を見ているのですがなかなかブログに書けてなくて・・・また記事にしたいと思ってるので書けたら読んでください。コメントもお気軽にどうぞ!

      削除

お気軽にコメントどうぞ!古い記事でも一言でも嬉しいです。