2016年12月24日土曜日

ポッピンQ 感想:思春期を迎えたプリキュア世代に向けた美しい作品、でも大人が見るとちょっと怖いポッピンQ

 映画 『ポッピンQ』を見てきました。ストーリー的には10代前半向けの作品だと思いますけどね。映像の美しさ、ダンスシーン、楽曲、声優さんの演技などなど、大人のアニメファンの鑑賞にも耐えるクオリティの作品になっていたと思います。

タイトルの可愛さで思わず見に行ってしまった
(TVスポット30秒ストーリー編より画像引用)
当ブログの画像引用について
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 個人的には配色の美しさがすごいなぁと思いました。予告編で期待はしていたのですが、どのシーンを切り出しても本当に絵になりますね。純粋に映像を楽しむだけでも満足できました。

個人的には予告編よりもこちらが好きですね。
このED曲は素晴らしいと思いました。
映画「ポッピンQ」卒業ソング『さよなら。ありがとう。』特別映像 
東映アニメーション公式YouTubeチャンネル

※後半に少しネタバレのレビュー・考察があるのでご注意ください。

成長したプリキュア世代にむけた作品


 監督はプリキュアシリーズ宮原直樹さん。作品の見た目はかなり違いますけど、ダンスシーンの使い方などこの世代には違和感のない作りだと思います。

この4人ともう1人の計5人の中学生の物語
『さよなら。ありがとう。』特別映像より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 成長して思春期を迎えたプリキュア世代に向けて作られた作品なんでしょうね。プリキュア自体も親世代や一部のアニメファンにも支持されていましたが、ポッピンQはさらに広範囲なファン層にも受け入れられそうな気がします。(逆に言えば中途半端になる可能性もあるのですが)

プリキュア仕込みのモーションキャプチャーダンス
主題歌はEXILE PROFESSIONAL GYMとAvaxのコラボ
本編特別先行映像⑤より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 まあ、自分はプリキュアにはあまり造詣が深くないのですが・・・同じ3Dのダンスシーンでも『ラブライブ!』とは演出の違いを感じて興味深かったですね。元気の良さといったものが重視されている気がしました。

王道的な成長物語


 ストーリー的には『卒業を目前にして悩みをもった女子中学生たちが仲間との成長によって自分を乗り越えていく』という感じの成長物語。監督がドラゴンボールを手がけていたせいかジャンプの少年マンガ的な明快さがあります。

主人公の小湊伊純(cv 瀬戸麻沙美)
高知の中学で陸上部の出来事にわだかまりを持っている
五人の中で一番現実世界を掘り下げられていた
(『さよなら。ありがとう。』特別映像より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 冒頭は五人のキャラクター紹介を兼ねた10分余りのアバンパート。ここは割とサッと流してダンスシーンからのオープニング。慣れない人は突然のダンスに面食らいますが、こういうもんだと思えばいい感じのOPでした。

大道あさひ(cv 小澤亜李)
武道家の両親の意見に引っ張られて悩む。
本編では伊純以外のキャラの掘り下げはあまりなかった。
でもテンポ重視で良かったと思う。
(『さよなら。ありがとう。』特別映像より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 現実世界をもっと掘り下げるのかな?と思ったのですが、退屈にならないように配慮されているのかもしれませんね。オープニング後のファンタジーパートからは物語のテンポも変わり俄然面白くなってきます

美しい色彩に見とれる


 ポッピン族の世界に入ってからは本当に映像がキレイでしたね。特に配色がすごく良かったです。

 水彩調のやわらかな風景鮮やかなキャラクターの衣装の色彩がすごく合っていて絵になるシーンの連続でした。どこを切り出してもイラストとして良いなぁと思うような映像でしたね。

ぬいぐるみのようなポッピン族の世界
淡さと鮮やかさの色調のバランスが素晴らしい
(本編特別先行映像⑤より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 今回は予告編で映像の美しさに興味を持って見に行ったのでその点ではすごく満足でした。残念だったのはホームページの『切り替わるイメージ画像』の裏面、制服姿の五人の夕暮れの風景ってのがなかった位ですね。あの絵はすごく好きだったんだけどなぁ。


この絵が凄く好きだったけど・・・
(Amazon)

 色彩設計は永井留美子さん、ガッチャマンクラウズ インサイトに参加されている方なんですね。あの作品も色が良かったですね。

ここから少しネタバレ考察があります。
未見の方はこちらでスキップできます。

大人がみると『ちょっと怖い』クライマックスシーン


(この項はネタバレあり)

 まあ、ストーリーはあくまで子供にも安心して見せられる作品なので自分の世代としては感動とかじゃないんですけどね。ただ1点、クライマックスシーンは大人が見ると結構ショックというか・・・違う視点で見てしまいました。

 主人公の伊純が大人バージョンの沙紀に攻撃されて強制的に成長してしまうシーン。大人の女性を通り越して年老いていく伊純・・・子供はどう感じるかわからないけど、大人である自分には結構ギョッとしたシーンでした。

唯一心を開かなかった沙紀(cv 黒沢ともよ)
孤独なまま大人になった『未来の自分』が伊純を攻撃する
(『さよなら。ありがとう。』特別映像より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 カラフルなカワイイ衣装をまとったまま年老いていく伊純のグロテスクさ。これって、子供向けアニメを見ている自分に対する『メタ』的な批判のような・・・もしや『卒業』というキーワードも自分に対するメッセージなのだろうか・・・みたいな(笑)被害妄想を一瞬感じてしまうほどの一種異様なインパクトがありました。

 あの部分だけはなんとも言えない怖さを感じましたね。大人バージョンの沙紀が『年をとることの恐ろしさ』『失うことの恐ろしさ』を子供たちに思い知らせようとする。そこに込められたメッセージとはなんだろう・・・と、ふと考えてしまいました。

 最後に子供の沙紀に吸収される大人の沙紀。その表情は負けてホッとしたような、子供時代の伊純の幸せを喜ぶような・・・なんとも言えない表情でしたね。

 『戻せない過去』を山ほど抱えてしまった大人である自分は、子供たちとは違う感想を持ってしまいます。
※一部名前を修正しました
※ネタバレここまでです。

声優さんも見所いっぱい


 まあ、そんな深読みは置いておいて(笑)アニメファンとしてはたくさんの有名声優さんの活躍も見所ですね。

 主人公の小湊伊純役は『ちはやふる』の瀬戸麻沙美さん。突っ走って思い悩む感じがすっごくハマリ役でしたね。

 主要キャラの友立小夏(黄色のピアノキャラ)と都久井沙紀(薄紫の孤独ダンスキャラ)が種﨑敦美さんと黒沢ともよさんという『響けユーフォニアム2』ペアでした。

 種﨑さんは鎧塚先輩役でしたが今回は結構元気な可愛いキャラ黄前久美子役の黒沢さんは逆に寡黙キャラ。全然違うので聞いていても気づきませんでした(笑)知った上で見ればもっと楽しめたかも。

残念ながらユーフォペアの絡みはほとんどない・・・
個人的には黄色の小夏ちゃんがイチオシ
『さよなら。ありがとう。』特別映像より画像引用
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 もちろん大道あさひ(緑の武道家キャラ)役の小澤亜李さんの可愛さは言うまでもないですね。日岡 蒼役(青色の受験最優先キャラ)の井澤詩織さんはガルパンのそど子役なんですね。

 あと、記憶が確かなら大人の役斎藤千和さんだった気がするのですが(違ってたらゴメンなさい)さすがの一言ですね。すごく印象的な演技でした。


エンディング後の特別映像!


 公開直前になってアナウンスされたエンディング後の特別映像。すごく面白かったですね。というかアニメファン的にはこちらの方が面白そう!って思いました。絶対見たいでしょ、コレ。

 すわ、TVアニメ続編決定か・・・って思いましたが、結局なにも表示されずに・・・え?何?って感じで(笑)

謎の少年レノ (cv 内山昂輝)
彼の正体は明かされぬまま衝撃の特別映像へ!
これで続編なかったら怒るよ・・・責任とってください東映さん
TVスポット30秒 ストーリー編より画像引用)
© 東映アニメーション / 「ポッピンQ」Partners 2016

 これは本当に是非とも続編をつくっていただきたいですね。そのためにも興行成績が良くなる事を祈ります

誰に向けた作品なのか


 予告編を見た感じだと正直誰に向けた作品なのか・・・少しわかりにくかったですね。女子中学生が主人公のファンタジー作品だってのはわかりますが。なかなか渋い感じもしてアニメファン向けの作品なのかな?と思ったりもしました。

 先日のHoneyWorksの作品みたいにターゲット層に集中的に宣伝して支持を得るという作戦だったのでしょうか。あの作品もターゲット以外には全く知名度がありませんでしたが、当日は劇場が一杯になってました。
関連 ずっと前から好きでした。~告白実行委員会~ 感想:マジでヤバイので中高生は見たほうが良い映画 - アニメとスピーカーと 

 ポッピンQの場合は、中学生が主人公なので中学生向けかな?と思いましたが、実際にみるともう少し若い世代向けな気もしますね。

映画を見せるのが難しい世代


 前日譚がコミカライズもされているようですが、Wikipediaによると『ちゃお』『ぷっちぐみ』という小学生向けの雑誌だったりするようで、ちょっと背伸びしたい小学校高学年向けなのかもしれません。そう考えるとストーリー的にもちょうどいい気もします。

 ただ、初日は祝日でしたが、小中学生の姿を見なかったんですよね・・・まあ、郊外なので都会は違うんですかね。東映60周年記念作品という事で公開館数も多く力が入ってますが、すこし心配になりました。

劇場アニメ『ポッピンQ』予告映像
(東映アニメーション公式YouTubeチャンネル)

 小学校高学年って親と映画を見たい年齢じゃないし、かといって男子ならともかく、小学生の女子だけで映画を見に行くのは結構ハードルが高い微妙な年齢ですよね。プリキュアだと親子需要が見込めるけど・・・映画としては開拓が難しい層かもしれません。

 質の高い力の入った作品なのでぜひ興行的にも成功を願いたいですね。なんといっても続編を見たいので! 

原作:東堂いづみ/脚本:荒井修子
監督:宮原直樹
キャラクター原案:黒星紅白
キャラクターデザイン・総作画監督:浦上貴之
色彩設計:永井留美子/美術監督:大西穣
アニメーション制作:東映アニメーション

『ポッピンQ』公式サイト:http://www.popin-q.com

スポンサーリンク


17 件のコメント:

  1. ネタバレ注意の表示が小さすぎて
    間違って読んでしまった・・・
    もう見に行く気がしない・・・

    返信削除
    返信
    1. 匿名さま、ご指摘ありがとうございます。
      当方の配慮が及ばず間違って読んでしまったとのこと。
      深くお詫び申し上げます。表示についてはサイズを変更いたしました。
      見る気を削ぐことになってしまいたいへん申し訳ありませんでした。
      せっかく読んで頂きましたのにご不快にさせてしまい本当にすみませんでした。

      削除
  2. こんにちは!
    いやあまさか、「これは、僕らのはじまり」というポッピンQのキャッチコピーが、ああいうことだとは思いませんでした(笑)
    東映アニメーション60周年記念作品と銘打ってるだけあって、非常に力が入っているのが画面から伝わってきましたね。ダンスシーンすごいなあと思いながら見てたんですが、なるほど監督はプリキュアを担当していた人でしたか。私はプリキュアシリーズを見ていないんですが、プリキュアのダンスCGがすごいのは有名ですもんね。

    >エンディング後の特別映像!
    これはとても驚きました。あれを見るまで、「もっと5人の日常が見たかったなあ」とか、「結局レノって何者だったんだ……?」とか、正直物足りなさを感じていたんですが、あの特別映像は「おいおいまじかよ!」と。
    これは続編ないとおかしいでしょう(笑) むしろもう続編は決まっていると考えたいですね。あんな映像見せといて続編がなかったら、東映恨みます(笑)
    東映アニメーションは、他のアニメ会社と比べたら比較的自由に作品を発表できるところだと思うので、仮に興行収入が振るわなくても続編を作ってくれると信じています。60周年記念作品がこれで終わるはずがないだろうと(笑) もし興行収入が良くなくても、スマホアプリとかグッズとかがこの先出て、それらが好調だったりすれば望みはあると思います(東映にはプリキュアという成功例があるわけですし)。

    >ただ、初日は祝日でしたが、小中学生の姿を見なかったんですよね・・・まあ、郊外なので都会は違うんですかね。東映60周年記念作品という事で公開館数も多く力が入ってますが、すこし心配になりました。
    私も初日に見に行ったんですが、同じく小中学生はほとんど見かけませんでした(ゼロではないですが)。むしろ、高校生くらいの女子ペアとか、大学生くらいの男の子とか、それこそ『好きになるその瞬間を。』を見に行きそうな人の方が多かった気がします。たまたま同じ時間に始まっていた『ローグ・ワン』の方が小中学生の割合は多かった気が……。スターウォーズは幅広い年齢層に人気ですごいですねえ……。
    明日に発表される映画ランキングが出ないと分かりませんが、先ほど言ったようにたとえ興行収入が良くなくても、東映は続編を作ってくれるはずだと思っています。
    なんというか、ポッピンQはあの最後の映像抜きにしても、ここで終わりじゃもったいないと思うんですよね。私がこの映画見たいと思ったのも、何となく見たいと感じるオーラがあったというか、子供向けの内容だとしても見たいなあとなるものがあったからというか。とにかくこれからの可能性を感じる作品なのは間違いないと思います。今は早く続編が見たいという気持ちでいっぱいです(笑)

    返信削除
    返信
    1. もあいさん、コメントありがとうございます!

      キャッチコピーは気づきませんでしたが、なるほど終わってみれば意味がよくわかりますね。

      『東映恨みます(笑)』は本当ですよね。『ちょっと待て、コレむちゃくちゃ面白そうだろ・・・』って思って、その後なにも表示が出ないので劇場の手違いか?と思ったくらいでした。実際ほかのお客さんも明るくなっても誰も立ち上がらないでしばらく待ってたし(笑)

      もあいさんの見立て通り東映の気概を見せて欲しいところですね。冬休みに狙いの観客が増えてくれればと思います。

      個人的にはプリキュア世代の成長と共に、物語も高年齢向けに変わっていくと面白いなぁなんて思ってます。本当に可能性を感じる作品というのは同感でした。

      感想を読んでいただきありがとうございました!

      削除
  3. 数少ない(笑)小5女子&母で観てきました~
    娘は久しぶりにプリキュア熱高まったみたいで、
    ゲームのアプリ入れる!とニコニコしてました♪

    プリキュアシリーズと違って、制服の着こなしが
    かわいい!のがツボだったようで。
    それと最後のクレジットを見て、
    EXILE系のダンスなんだ?へーどおりで
    振り付けが普通になったね~とか言ってました。

    妖怪ウォッチとモンストのアニメが裏番組なので
    小学生は、友達とはそちらを観に行って
    母とは童心に戻るやつをみる感じみたいですね(^^;

    紫が後から加わるのね、ミルキーローズとかキュアムーンライトのあれだね、うんうん。とか、
    ピンクが良いこと言ったから、もう勝てるね!とか
    6・7年前の元プリファンにはお約束満載で
    楽しい映画でした(^^ゞ

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      ものすごい貴重な情報ありがとうございます!元プリキュア世代の生の声がものすごく面白かったです(笑)プリキュアのお約束の流れとか、自分にはまさに『目から鱗』で、なるほどなぁと感心して読みました。

      監督もこういう風に気づいてくれる観客がいてくれて本望だと思います(笑)本当に監督に読んでもらいたいですね。きっとすごい喜んでくれるはず!とても素敵なコメントいただき本当にありがとうございました!

      削除
    2. とても素敵なコメントだったのでTwitter紹介したら宮原直樹監督にコメントいただけました!監督にも喜んでいただけたようでうれしいです。
      https://twitter.com/naokin_Q/status/816152595186085888

      削除
  4. プリキュアは見たことないですが、ツボにはまる作品でした。

    対象者はキッズ~キッズ系を好きになれる大人って感じがしましたね。(かくいう私も仮面ライダー好き)

    一本道の王道ストーリーでキャラも好みな感じだったのですが、全体的に対象者を
    絞れてない感じもしましたw
    宣伝含めて、どの年齢層をターゲットにしてるのか分かりにくいのが初動の売り上げ低迷に繋がってるのかな?と思いましたね。

    私個人としてキャラの心情に共感して、感情移入しながらみてたので、相当楽しめてたと思います。

    もともと一発映画で終わると思っていたので、エンドロール後のあの映像は良い意味で裏切られましたね。続編期待していいってことでしょうか?「売り上げ伸びないからやっぱり…」ってならない事を祈りたいですね。

    返信削除
    返信
    1. カタリヤ さん、コメントありがとうございます!
      おっしゃる通り、もっとうまくターゲティングできていたら良かったのに・・・と思いますね。他の方のコメントにもありましたが対象者にはとても評判がいいようなので、本来対象ではない人へのミスマッチが起こっている気もします。

      本当はピンポイントの広告とか、試写会での口コミなど、もっと丁寧な準備があればと思うんですよね。なまじ60周年記念作品ということで、全方位への広告になってしまったのでしょうか。公開が前倒しになったと聞きますが、その辺が拙速になっていたとしたら残念です。

      東映さんにはせっかくの記念作品が尻すぼみにならないように懐の広さを見せていただきたいですよね(笑)個人的には続編はもう少し高年齢向けになって『紫のイメージ絵』みたいな雰囲気の作品になるといいなぁと思っています。

      ブログ読んでいただきありがとうございました!

      削除
  5. 大人サキが怖かったなーって思いました
    ちょうど生死に深く考えてしまう日であって、老化のシーンで「私もいつか年とってしまう…。いつか亡くなってしまうんだ」って恐怖心がありました。

    でも面白かったことは面白かった(大人サキが出るシーン以外)

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます。そうですよね!自分もあのシーンだけは『自分事』として我に帰るというか、ファンタジーの世界から一瞬抜け出たような気がしました。監督の意図はわかりませんが不思議な感覚のシーンでしたね。読んでいただきありがとうございました!

      削除
  6. キャラデザが可愛くて、機会があったら観に行こうかなくらいの思いだったポッピンQですが、実際に観に行ってみたらその魅力に惹き込まれました。

    世間に言われているように、確かに
    ・90分のアニメに5人のストーリーは無理がある だとか
    ・どの層向けの作品なのか解らない だとか
    ・それぞれの悩みに感情移入できない だとか
    色々感じ方はあると思うんですが、

    それだけで人気が見込めそうな女子高生という設定ではなく、なぜ女子中学生という設定にする必要があったのかを考えると、監督が作品のテーマとして伝えたいことが見えてくるようで興味深いです。

    "ほんの少し素直になる、それだけで世界は変わる"というキャッチフレーズは、既に大人になった自分にも当てはまるキーワードとして心に響いています。

    予告編を観たことでストーリーのご都合主義的な謎はある程度解明された風に感じていますが、先を見てみないとモヤモヤが払拭できない部分もあり、私も続編にものすごく期待しています。
    現状の動員数だと続編が公開されるかも厳しそうに見えますので、良い作品なんだぞということを続き観たさに拡散したい思いで一杯です^^

    SEGAが製作中というスマホゲーにも期待しちゃいますね!

    返信削除
    返信
    1. コメントありがとうございます!
      なぜ女子中学生なのか?って問いかけは興味深い考察ですね。中学生って素直になれない年頃でもありますしね。オリジナル作品だけに設定にいろんな意図がありそうです。

      確かにあの予告編で謎は解明できた部分もあったけど、新たな謎も増えましたからね。風呂敷広げた感もありますが、ストーリーとしては年齢が高めでも楽しめそうな期待があります。スマホゲームの話は始めて知りました!
      だんだん観客も増えてきたと聞きますし、なんとか想定する観客に届いて欲しいなぁと思います。ブログ読んでいただきありがとうございました!

      削除
  7. Hidebow-Rainbo-Frawbow2017年1月10日 20:07

    katoさま、こんにちわ!お返事ありがとうございました。


    ほんとうに、色彩がキレイな映画ですよね!ポスターのデザインを気に入り、見ようと思いました。小説本、漫画本の表紙買いの様に...(笑)


    昨日、大人気なく(笑~!)夢中になって見入ってました。私も主人公たちみたいに、スクリーンの向こう側へ、さらわれた気分です。わくわくドキドキ、たのしいひと時でしたよ。伊純とポコンのやりとり、とくに、別れのシーンは、ジーンときました(泪)



    ご存知かもしれませんが、ルピイの役のベテラン・新井里美さんがこんなことをおっしゃってます。

    『10代の女子、これから10代になる女子
      
    かつて10代だった女子や男の子にも観てほしいです』


    私も同感です。かって、私たちも、主人公とおなじことを思ったり、考えてたりしたのでしょうね。もう、忘れてしまってるかもしれませんが....(笑)
    たくさんの10代のみなさんと大人たちに見てもらいたいです。


    私事ですが、幼少の頃、東映アニメーション(当時は東映動画)のアニメをよく見ました。「サイボーグ009」「ゲゲゲの鬼太郎」「ひみつのアッコちゃん」「バビル2世」「UFOロボ・グレンダイザー」映画「長靴をはいた猫」シリーズなど。心踊り、嬉しくて、楽しくて仕方がない、愛しい愛しい時間でした。そんなことを思い出した映画でした。


    ありがとうございました。それでは!

    返信削除
    返信
    1. Hidebow-Rainbo-Frawbowさま、コメントありがとうございます!
      そうですよね!色彩いいですよね〜ポスターのデザイン超いいですよね〜『表紙買いの様に』ってむちゃくちゃ同感です。完璧にジャケ買い的鑑賞でした(笑)そういう意味で、自分的にハードルを上げないで見に行ったのが良かったのかもしれません。すごく素直に見られたので。
      他の方のコメントにもありましたが、中学っていう設定が絶妙で、大人と子供の入り混じった雰囲気が全体を覆っていた気がします。大人が見る場合はどういうスタンスで見るのかってのも楽しみむポイントかもしれないなと思いました。
      お読みいただきありがとうございました!




      削除
  8. 遅ればせながら昨日見てきました。確かに面白かったです!最初オッサンにはキツイかな?と思ってましたけどストーリーに引き込まれてあっという間にスタッフロールでした。その後のアレもネタバレ見なくて良かったです。パンフレットも読みごたえがあって良かったですし、特典も両方もらえて良かったです。もう良かったづくしの映画でした(笑)

    返信削除
    返信
    1. TTさん、コメントありがとうございます!自分もキツイかな?って思ったのですが、変に期待しすぎなかったおかげて素直に見られた気がします。特典両方もらえて良かったですね(笑)カレンダーはすごくキレイなデザインだと思いました。いつも読んでいただき感謝です!

      削除

お気軽にコメントどうぞ!古い記事でも一言でも嬉しいです。