2015年6月11日木曜日

40代からのJavaScript 入門1:MSX BASICと比べてドットインストールで学習#1-#6



 宣言してからずいぶん時間経ってしまったけど(笑)恥を忍んでJavaScriptの学習記録です。モノになるだろうか・・・今から不安です。
(参考)41歳ですがJavaScriptの学習始めてみます

 まずは基本の無料プログラム学習サイト、ドットインストールからスタート。
HTML編とCSS編は以前に完了しています。今回はJavaScript編(24回シリーズ)

 24回とか長っ!って感じですけど、1回3分程度なので実質は1時間位の講座です。細かく繰り返し見る事ができるので復習がラクなのは良いですね。入門後は応用編の講座がいくつかあります。

MSX-BASICと比較しながらJavaScriptを覚える!


 さて、私のプログラム経験は小中学生の頃のMSX-BASICのみ!当時はかなり熱中しましたけど所詮は子供レベル。高校卒業以降はほとんどプログラム経験はありません。HTMLでWebページの作成くらいです。

 MSX-BASICとはいえプログラム言語には違いありません。オブジェクト指向だの現代的なものとは違いますが、多少は役に立つはず!

キヤノンV-20/MSXシリーズは80年代を代表する日本発のホビーPCです。
(C)Paolo Tonon/Wikimedia Commons/cc-by-sa-2.0 ライセンス

 そんな中年世代のJavaScript入門はMSX-BASICと比較し、違いを楽しみながら勉強していく事にします。若い人なら昔のプログラムってそんなんだったんだぁと思って読んでください。


JavaScriptの開発環境は超簡単!


#01 JavaScriptとはなにか?
#02 はじめてのJavaScript 

 #1#2は準備編。JSってブラウザベースのスクリプト言語だけあって、適当なエディタで記述して、Webブラウザ上で動作させます。なんにも特別なソフトは必要ありません。環境構築の準備も一切不要

 でもHTMLやCSSと違うのは、JavaScriptコンソールというのがある事。ブラウザにこんな機能があったなんて知らなんだ(笑)講座ではGoogleChromeを使っていますが、Safariにも同様の機能はありました。

 まあ、今の理解だとJSコンソールって言うのは、計算結果を表示させる場所の一つって感じでいいのかな。MSX-BASICで言えば、スクリーン画面そのものだけど、違うのは結果を表示するだけで、プログラム(スクリプト)自体は別ファイルで作成するってトコでしょうね。

 だから、左にテキストエディタ、右にブラウザを表示させながら書きます。これ自体はHTMLでのWeb作成と同じですね。ブラウザがコンソール画面になっているだけです。

狭い画面に3つのウインドウを開いて学習
左がCotEditer右上がドットインストールで右下がJSコンソール

変数、代入・・・久しぶり!


#03 変数を使ってみよう
#04 数値を使ってみよう 

 #3からいよいよ命令に入ります。代入って久しぶりに聞いたなぁ。文系だったので代入って聞くと、数学よりも趣味でやってたMSX-BASICの方を思い出します。

 代入のA=10は右の値を左に入れるって事ですよね。小学生の頃を思い出して来た!MSXでは変数はAとかBとかシンプルだったけど、JSは長い単語も変数にできるんですね。便利だけど未経験の今は、どれが命令でどれが変数だか分かりにくくて困る・・・あはは。

 あと、変数を使うときはJSだと最初にvar A;とかって宣言するんですね。MSXの時って変数を使うのに特に宣言とかなくて、いきなりA=10とかやってた気がする。varvariable(変数)の略、つまり変数 Aって事ですね。

 まずはHallow Wolrd!を表示させたり、変数に数式や文字列入れてを表示させたりします。この辺は楽勝ですね!

JSは行番号がない!


#05 文字列を使ってみよう
#06 if文を使ってみよう

 #5までは変数をつかって数字や文字列の計算方法をざっくり説明。四則演算の他いろんな演算子があるんですね。ふうん。

 とここまできて、そういえば行番号ないなぁと気がつきました。MSXの頃は行番号のないプログラム言語って想像できなかったなぁ。gotoとかforとか行番号に飛ぶ命令を多用してたけど。JSはそういう時どうするんだろ...?

 #6でいよいよif文です。if文がでるとプログラムっぽくなりますね!条件分岐の命令です。
if ( 条件 ) { 条件が真の場合の処理 }

 スクリプトの書き方がMSXとちがって独特・・・行を変えて{ }つかったりとか・・・なので読み慣れなくて・・・さすがにすぐには頭に入ってきません。

 でも所詮はif文、MSX-BASICでいうところのIF THEN ELSEですよね。JSだとTHENは省略されているようです。もし〜なら〜で、それ以外なら〜。みたいな事ですが、真とか偽とか書かれるのでちょっと取っ付きにくいや・・・。でもまあ、まだ、ちょっと考えればすぐわかるレベル!

まだまだ序盤は余裕


 ここまでは序の口。昔を思い出しながら楽しんで勉強できます。でもすぐ忘れちゃうんだよなぁ。おっさんだからかなぁ・・・。そういう意味でもブログに書いて、文字通りの備忘録になればいいかなと。プレッシャーにもなるので。

 #7以降もfor文とか見た事のある命令があるのでこの調子で行けるかな。それ以降は結構難しそうで心配だが・・・。

(続き)40代からのJavaScript 入門2:真偽値でつまづく ドットインストールで学習#7-#10

他の『JavaScript学習記録』の記事を読む
『アニメ』『スピーカー』『オーディオ・ビデオ』『備忘録・Mac・その他』『生活』 スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメントどうぞ!古い記事でも一言でも嬉しいです。