2014年9月15日月曜日

2014年に第4世代iPodTouch買って驚いた7つの事


2014年も後半にさしかかり、第6世代iPodTouchが発表されるかどうかと言うときに、なぜ2010年発売の第4世代iPodTouchのレビューなのか?

 iOS 4からiOS 6への変化だけでなく、周辺技術の向上、googleやアプリメーカーの努力により古い端末とは思えないほど使いやすくなっていたのです!驚きました・・・。おそらく日本最後の第4世代iPodTouchのレビューです(笑)

どうして今、第4世代iPodTouchを買ったのか


 その前に、なぜ今更第4世代iPodTouchを買ったのか?実は以前、一度買って無くしているのです。愛用の第3世代iPodTouchを破損してしまい、2010年末に現行機種だった第4世代iPodTouchを新品購入後1年で紛失!泣いて探しまわりましたが見つからず・・・。

 しばらく音楽は初代iPodShuffle(まだ使える!)、スケジュールは『紙』の手帳とgoogleカレンダーの併用でしのぎました。でも最近手帳の転記ミスで失敗してしまい、やっぱりToDoとスケジュールだけはなんとかしたい!と検討。愛用のWillcom端末をAndroidにすることも考えましたが色々あって却下。やっぱり現行の第5世代iPodTouchが魅力的・・・でも高い、2万3千円。今年中には第6世代が出るかもしれないのに、末期モデルにこの金額はちょっと・・・ね。

 以前使っていた第4世代の印象は、Retinaディスプレイがキレイとはいえ、とにかく画面が小さくて入力が面倒。だからWebブラウズも非常用かなと、あくまで音楽プレイヤーがメインの端末。今さら買っても現行のiOS7が使えないので将来性もイマイチですが・・・仕方ありません。

 円安ばかやろうと呪詛をつぶやきつつ泣く泣く第5世代をあきらめ、中古の第4世代8GB版を5千円で購入。バッテリーの状態も良いし、TODOリストとさいすけを使うだけと割り切れば、この値段なら安いね!と自分を説得(泣)。2年数ヶ月ぶりにホーム画面が復活し、iOSも4系から6系にして環境整備をしてみると・・・。

 あれ・・・?こんなに使える端末だったけ!?

驚き1 オフラインなのに屋外でMapが実用的に使える!


 iPodTouchにはデジタルコンパスもGPSもありません。WiFiだけでおおまかな位置情報を取得できる事は知っていましたが、ここまで実用的になっているとは!ちょっと感動しました。

 街中だったら徒歩で角を曲がってもちゃんと追従してくれるんです!googleMapの保存機能を使うまでもなく、キャッシュが結構効くので家を出る時に目的地周辺を閲覧しておくだけでOK。駅からの徒歩移動ならこれで充分。電車に乗ってても線路上を追従していて感心しました。

 もしキャッシュ外の地図が必要になっても、今はフリーの地図があります。容量大きくて地図はシンプルだけど位置情報がわかれば充分実用になりますね。もちろん街中限定なので、山の中とかWiFiの無い所だと無理ですけど。


驚き2 Siri非対応なのにSiriみたいに使える!


 第4世代iPodTouchはSiri非対応。検索するにもチマチマ手入力・・・じゃなかった!

 Googleが音声入力対応になってたんですよ。PCばかり使ってたので存在に気づかなかったけどマイクアイコン押せば音声で入力できたんです。しかも、本家Siriでもうまく聞き取ってもらえない滑舌の悪いこの私の声を、googleお得意の予測変換で補正して検索してくれるんですよ。

 だから1でも紹介したgoogleMap。ここでも住所を音読するだけで表示してくれる!これはPCより楽かも。

驚き3 Safariの画面が広くてブラウズしやすくなった!


 なんか昔は画面が小さくてWebのブラウズが面倒だったんですよ。だから画面の大きい第5世代が欲しかったのですが、Safariのバージョンアップなんでしょうか、余計な機能が自動的に隠れたり、フォントサイズを読みやすく調整してくれたり、小さい画面でも読みやすいんですよ!Android端末でも見てみたんですが、あちらは忠実に表示するんですが、小さい画面だとちょっと読みにくいんですよね。

 もちろん、スマホ対応のホームページやWebアプリが圧倒的に増えて使いやすくなったというのもありますね。

驚き4 オフラインなのに時刻表のチェックができる!


 最近は電車に乗る機会も減ったのですが、やっぱり電車使うと便利なのは時刻表のチェックですよね。昔iPodTouch使ってた時は、内蔵カメラで撮影した時刻表を使っていましたが不便でしたね。携帯の乗換案内はWillcom(現Y!モバ)ですので無駄にパケット使いたくない上に遅い・・・(電話とメールには素晴らしい端末)

 それが今や、鉄道関係のアプリも増えてオフラインでの利用が結構便利に。乗り換え案内こそできませんが、予め時刻表ダウンロードしておくだけで、WiFiで現在位置取得してすぐに候補を提示してくれます。時刻表の更新も簡単。これならiPhoneじゃなくても事足りるね。


驚き5 Webやアプリなどの周辺サービスが進化してる!


 以前はまだスマホ対応がいまいちだったサービスも急速に進歩してました。ヤフオクはPC開く必要がないくらいだし、常用してるNiftyWebメールはWebアプリですが小さい画面でも使いやすい専用アプリのような使いごこち。GoogleAppsもiOS対応になってるし、PCサイトを無理して利用していた時代の苦労はほとんど解消していました。

驚き6 iCloud対応のメモ帳とかすっごく便利!


 MacユーザーですがMacbookしか使っていなかったのでiCloudはあまり利用していませんでした。以前iPodTouchを購入したときはまだiCloudは始まってなかったですからね。
ようやく、どれどれどんな機能があったけなぁと使ってみてびっくり。メモ帳とかリマインダの共有が便利ですね!MacかiPodtouchどちらに書いてもWiFi環境ならすぐに同期してくれるじゃないですか。

 自分一人で利用する分には屋外で同期する必要は無いのでWiFiで問題無し。

驚き7 無料WiFiスポットが充実してた!


 昔は郊外にはほとんどなかった無料WiFiスポット。7&iの7SPOTは無料会員になれば1日数回無料。全国のセブンイレブンなどでつかえるのですが、7系列のモールのフードコートなんかで使ってます。観光地のホテルや温泉宿でも無料WiFi提供する所が増えてますね。もちろん無料WiFiではセキュリティに注意が必要ですが。

7SPOT

この数年間でスマホの周辺環境が急激に進歩した証


 2010年のモデルが4年後に実用度が上がってるというのは、電子機器の常識としては異例だと思うけど、時代がようやく追いついたという事なんだろうね。第4世代はそれだけのポテンシャルを持っていたとも言える訳で。

 画面の小ささという欠点はRetinaディスプレイの利点を生かしてかなり改良されてるし、つい2年前まではiPhoneじゃないと無理だと諦めていた機能が実現していてびっくりさせられました。家にWiFiがあってSNSにリアルタイム性を求めていない、俺のような人間には格安SIMすら必要ない・・・・かもね。

 昔、AppleのNewton MessagePad130を使っていて、実用的にはPalmだなぁと(結局買わなかったけれど)思い出したけれど、昔あこがれていた夢のPDA(死語)はすでに完成していたんですね。それがたった5千円で手に入る未来に生きているんだなぁとしみじみ感じました。

スポンサーリンク


0 件のコメント:

コメントを投稿

お気軽にコメントどうぞ!古い記事でも一言でも嬉しいです。